ソフトバンク・ビジョン・ファンド等SBIAの運営するファンド事業

情報革命を加速する群戦略

ソフトバンク・ビジョン・ファンド等SBIAの運営するファンド事業では、情報革命の次の段階の基盤となり得る事業の構築のためには、これまでにない大規模かつ長期的な投資が必要であるという確固たる信念の下、次世代のイノベーションを引き起こす可能性のある企業やプラットフォーム・ビジネスに対して投資を行っています。

基礎情報

主な事業内容 ソフトバンク・ビジョン・ファンドによる投資事業
主な事業会社 SB Investment Advisers (UK) Limited
SoftBank Vision Fund L.P.
ウェブサイト SoftBank Vision Fund

概要

ソフトバンクグループは、未来を切り拓くための革新的なテクノロジーや起業家への投資を行うことで、「ソフトバンク2.0」のビジョンを実現するための戦略的シナジー集団を構築してきました。

ソフトバンク・ビジョン・ファンド等SBIAの運営するファンド事業も同様の方針の下、より大規模かつ長期的な投資活動を目指し、IoT(Internet of Things)、AI(人工知能)、ロボティクス、モバイルアプリケーションおよびコンピューティング、通信インフラならびに通信事業、計算生物学、その他データ活用ビジネス、クラウドテクノロジー、ソフトウエア、消費者向けのインターネットビジネス、金融テクノロジーなど広範囲のテクノロジー分野において、上場・非上場、保有株式割合の多寡を問わず、新興テクノロジー企業から大企業まで、投資を行っていきます。

当事業におけるファンドの概要

(2019年12月31日現在)
ソフトバンク・ビジョン・ファンド デルタ・ファンド
主なリミテッド・
パートナーシップ
SoftBank Vision Fund L.P. SB Delta Fund (Jersey) L.P.
出資コミットメント
総額
986億米ドル※1 44億米ドル※1
当社:331億米ドル※2
外部投資家:655億米ドル※1
当社:44億米ドル
外部投資家:-※1
ジェネラル・
パートナー
SVF GP (Jersey) Limited
(当社海外100%子会社)
SB Delta Fund GP (Jersey) Limited(当社海外100%子会社)
投資期間 2019年9月12日に終了※3 2019年9月12日に終了※3
存続期間 2029年11月20日まで(原則) 2029年9月27日まで(原則)
[注]
  • ※1
    ソフトバンク・ビジョン・ファンドおよびデルタ・ファンドにおける外部投資家の出資コミットメントは、両ファンドの合計額で定められているため、それぞれのファンドの出資コミットメント総額およびコミットメント残額は、もう一方のファンドにおける外部投資家の支払義務の履行状況により変動します。当第2四半期において、Xiaoju Kuaizhi Inc.(以下「DiDi」)への投資についてデルタ・ファンドからソフトバンク・ビジョン・ファンドへの売却が決済され、デルタ・ファンドは当該売却収入を同ファンドのリミテッド・パートナーに分配し、支払義務履行額の返還を行いました。これに伴い、デルタ・ファンドにおける外部投資家の出資コミットメント総額16億米ドルはソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資コミットメントとして返上されました。
  • ※2
    ソフトバンク・ビジョン・ファンドへの当社の出資コミットメントは、Arm Limited株式を活用した約82億米ドル相当の支払義務履行分(前期末までに全該当株式を拠出済み)のほか、ソフトバンク・ビジョン・ファンドに関連するインセンティブ・スキームへ活用される予定の50億米ドルを含みます。
  • ※3
    ソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資期間は、2022年11月20日または累計投資額(リミテッド・パートナーによる支払義務履行済みかつ投資実行済みの金額と投資のための留保額の合計)が出資コミットメント総額の85%相当に達した後SBIAがマネージャーとしての裁量によって投資期間の終了を決定するまでのいずれか早いほうまでと定められています。2019年9月12日、同日までに累計投資額が出資コミットメント総額の85%相当に達したことに伴い、SBIAの決定によりソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資期間が終了しました。出資コミットメント総額の残りの15%相当額は、合弁会社への投資を含む既存投資先への追加投資や固定分配、財務関連費用への充当を目的に留保されています。なお、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資期間の終了に伴いデルタ・ファンドの投資期間も2019年9月12日に終了しました。