情報セキュリティポリシー

本ポリシーは、ソフトバンクグループ(ソフトバンクグループ株式会社とその子会社を意味します)、その取締役、役員、従業員(正社員以外の従業員を含み、総称して「私たち」といいます)が順守しなければならない情報セキュリティの原則を定めたものです。ソフトバンクグループが業務において保有する情報を適切に保護し管理します。代理人、コンサルタント、アドバイザー、販売代理店、サプライヤー、委託業者など、ソフトバンクグループのために業務を行う第三者に対しても、本ポリシーを順守することを求めます。

情報の保護および管理

私たちは、情報セキュリティに関する法令を順守するために、ソフトバンクグループが業務において保有する情報を、私たちのポリシーに従って適切に保護し管理します。

情報セキュリティ対策

私たちは、ソフトバンクグループの情報セキュリティを脅かす脆弱性やリスクを特定し、サイバー攻撃や、情報の漏えい、改ざん、消失またはその他の情報セキュリティ事故を防止するためのシステムを構築することに加え、リスクに応じた組織的、物理的、人的および技術的対策を講じます。さらに、企業買収などによる環境の変化に基づいて対策を計画して実施し、絶えず評価して見直すことにより、対策が効果的で信頼できるものとなるようにします。

事件・事故への対処

情報セキュリティに関する事件または事故が発生した場合、私たちは迅速な復旧と被害の最小化に取り組み、再発防止に努めます。このほか、状況に応じて、社内外の関係当事者や関係当局に適切に報告します。

以上