基本方針・推進体制

お客さま、株主さま、従業員、お取引先さまをはじめとするステークホルダーの皆さまからの信頼とご支持を、持続的な成長への礎とするために、グループ全体のCSR(企業の社会的責任)の指針として「ソフトバンクグループCSR基本方針」を定めています。この方針の下、グループ各社は、それぞれの事業特性や社会的影響の度合いに応じて優先課題を特定し、自律的に取り組みを推進しています。

ソフトバンクグループCSR基本方針

私たちソフトバンクグループは、同じ志を持つ世界中の企業と共に、 持続的に社会的課題の解決に取り組んでいきます。

  • お客さま本位の企業活動を通じて驚きと安心とうれしいを提供します。
  • 株主の期待に沿えるよう、成長への挑戦を忘れず、透明で公正な情報開示をします。
  • 従業員のやりがいと誇り、個性がいかされ、多様性に富んだ環境を大切にします。
  • 取引先との相互の信頼、公正な取引関係を築きます。
  • 情報化社会の推進、次世代育成、多様な社会への対応、環境・資源対策、災害対策・復興支援など、幸せな未来の社会づくりに貢献します。

ソフトバンクグループ

CSR推進体制

グループCSR連絡会

ソフトバンクグループでは、CSRへの取り組みを促進するために、グループ持株会社であるソフトバンクグループ株式会社において、役員1名を「グループCSR推進責任者」に選任しています。また、グループ主要各社においても、「CSR推進責任者」に役員1名が就いています。グループCSR推進責任者は、グループの活動方針を示すとともに、グループ全体のCSR活動の推進を統括しています。また、各CSR推進責任者は、「グループCSR連絡会」への参加を通じて定期的に情報共有を行い、連携をとりながら、重点施策の推進や全従業員のCSR意識の向上に取り組んでいます。

グループCSR連絡会

[注]
  • グループCSR連絡会のメンバー企業は、以下の通りです(2019年1月7日時点)。
    株式会社IDCフロンティア/SBアットワーク株式会社/SBエナジー株式会社/SBプレイヤーズ株式会社/SBペイメントサービス株式会社/SBメディアホールディングス株式会社/株式会社カービュー/サイバーユニバーシティ株式会社/ソフトバンク株式会社/ソフトバンクグループ株式会社/ソフトバンク・テクノロジー株式会社/バリューコマース株式会社/福岡ソフトバンクホークス株式会社/株式会社ベクター/ヤフー株式会社(五十音順)

CSR活動報告

2017年度の主なCSR活動実績と2018年度の計画をご覧いただけます。

CSR活動報告

GRIガイドライン対照表

サステナビリティに関する国際的ガイドライン「GRIガイドライン」と当社およびグループ企業のウェブサイトにおける掲載ページの対照表をご覧いただけます。

GRIガイドライン対照表

ソフトバンクグループ CSRレポート 2018

ソフトバンクグループのCSRについて広く知っていただくことを目的に、基本的な考え方や前年度の活動をまとめた「ソフトバンクグループ CSRレポート」を発行し、情報開示の充実に努めています。
2018年度版では、2015年に国連で採択された世界規模の取り組み「持続可能な開発目標(SDGs)」との関連についても紹介しています。