マネジメント手法

GRI(Global Reporting Initiative)の「サステナビリティレポーティングガイドライン第4版」の開示要請項目に対応した情報が掲載されているソフトバンクグループ各社ウェブページを記載しています。

  • 報告範囲

    ソフトバンクグループ株式会社(以下「SBG」)、Arm Limited (以下「Arm」)および「グループCSR連絡会」メンバー企業含むソフトバンクグループ企業

  • 基本方針・推進体制
項番 要求事項 開示内容
マネジメント手法
103-1 マテリアルな項目とその該当範囲の説明
a. その項目がマテリアルである理由の説明
b. マテリアルな項目の該当範囲。次の記述を含む
 ⅰ. どこでインパクトが生じるのか
 ⅱ. 組織のインパクトへの関与。例えば、組織のインパクトへの関与は直接的か間接的か、または組織のビジネス関係を通じてインパクトに関連したかどうか
c. 該当範囲に関する具体的な制約事項
103-2 マネジメント手法とその要素
a. 組織がその項目をどのようにマネジメントしているかについての説明
b. マネジメント手法の目的に関する表明
c. マネジメント手法に次の要素が含まれている場合、各要素についての説明
 ⅰ. 方針
 ⅱ. コミットメント
 ⅲ. 目標およびターゲット
 ⅳ. 責任
 ⅴ. 経営資源
 ⅵ. 苦情処理メカニズム
 ⅶ. 具体的な措置(プロセス、プロジェクト、プログラム、イニシアティブなど)
103-3 マネジメント手法の評価
a. 組織によるマネジメント手法の評価方法。次の事項を含む
 ⅰ. マネジメント手法の有効性を評価する仕組み
 ⅱ. マネジメント手法の評価結果
 ⅲ. マネジメント手法に関して行った調整