プレスリリース 1997年

インターネット上で仮想コミュニティー・サイトを提供するジオシティーズ株式会社を設立

1997年6月16日

ソフトバンク株式会社(本社:東京都中央区、社長:孫正義)とジオシティーズ社(http://www.geocities.com/)(本社:米国カリフォルニア州、社長兼CEO:デヴィッド ボーネット)は、日本では初めてのインターネット上の仮想コミュニティー・サイト“ジオシティーズ”を提供していくための合弁会社「ジオシティーズ株式会社」を6月中に設立することで合意しました。

ジオシティーズ株式会社のサービス活動は9月から開始することにしています。

新会社の概要

社名 ジオシティーズ株式会社
英文名 GeoCities Japan Corporation
所在地 東京都中央区日本橋箱崎町24-1
設立 平成9年6月
社長 孫 正義
資本金 2億円
出資比率
  • ソフトバンク株式会社 60%
  • ジオシティーズ社 40%

ジオシティーズ社は、1994年11月に設立され、個人がインターネット上で自ら情報発信できる仮想コミュニティーサイト“ジオシティーズ(http://www.geocities.com/)”を提供してきました。この“ジオシティーズ(http://www.geocities.com/)”の最大の特徴は、コンテンツ作成からその管理・運営までホームページを開設したメンバー自身によりなされていることです。

この“ジオシティーズ(http://www.geocities.com/)”では各自が興味のあるテーマで創造性に富んだホームページを開設することができます。メンバー希望者にはホームページ作成のために必要な2メガバイトのハードディスクスペースと作成用ツールが無料で提供されます。ビジネス、スポーツ、旅行をはじめ37のテーマに別れたコミュニティー(ホームページの集まり)があり、コミュニティーごとに約40人の“コミュニティーリーダー”が存在しています。リーダーはコミュニティーメンバーから選ばれ、コミュニティー内のルール決定から内容のチェック、ホームページ作成の際の援助などの役割を果たしています。

ジオシティーズ社は、1996年の売上高5万ドルから1997年には5百万ドル、1998年には2千万ドルの売上高が見込まれ、急成長を遂げています。現在65万人を越えるメンバーが存在し、1日約6000人の勢いで増えています。

現在、アクセス数は月3億5千万ページ・ビューにのぼり、米国PC Meter社の調べによると97年4月には検索サイト及びブラウザサイトを除くアクセス数で第1位となりました。

主な収益源は、広告、エレクトロニック・コマース、VISA社やマイクロソフト社によるコミュニティーのスポンサーシップです。広告主には上記2社の他にトヨタ、日産、インテル、IBM、アメリカン航空をはじめ約250の企業が参加しています。

ジオシティーズ株式会社では米国で培ったノウハウを最大限に活かし、新たなメディアとして、個人が自らの手で創造した情報を世界に向けて発信する場を提供していきたいと考えています。

ジオシティーズ社の概要

社名 ジオシティーズ
英文名:GeoCities Corporation
所在地 1918 Main Street, 3rd Floor, Santa Monica, CA 90405-1030
設立 平成6年11月
社長 デヴィッド・ボーネット
英文名:David Bohnett
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。