プレスリリース 1998年

ジフ・デイビス・インクの株式公開について

1998年2月18日

ジフ・デイビス・インク(Ziff-Davis Inc.:米国デラウエア州 会長兼CEO エリック・ヒッポー)は、米国証券取引委員会の承認および法定要件の充足を前提として、本年4月を目途に株式を公開し、ニューヨーク証券取引所に上場を申請する予定であります。

公開に際しては、460百万米ドル相当の新株式の公募を実施するとともに、シニア・ノートの発行及び長期銀行借入れにより、別途1,500百万米ドルの資金調達を行う予定であります。

ジフ・デイビス・インクが発行する株式とシニア・ノートは1933年証券法(改定済)に基づき米国証券取引委員会に登録され、株式の販売は目論見書によってのみ行われます。

なお、当社は従来、米国ジフ・デイビス・インク(Ziff-Davis,Inc.、以下、旧ジフ・デイビス社)、米国ソフトバンク・コムデックス・インク(SOFTBANK COMDEX Inc. 以下、コムデックス社)と米国ソフトバンク・フォーラムズ・インク(SOFTBANK Forums Inc. 以下、フォーラムズ社)の3社を通じて、事業展開を進めてまいりましたが、平成9年12月31日付で、コムデックス社とフォーラムズ社の両社は、フォーラムズ社を存続会社とする吸収合併を行い、商号をジィー・ディー・コムデックス・アンド・フォーラムス・インク(ZD Comdex & Forums Inc.以下、ZDCF)に変更いたしております。

現時点では、当社は当社米国特定子会社ソフトバンク・ホールディングス・インクSOFTBANK Holdings Inc.)を通じて、旧ジフ・デイビス社(公開に際して、ジィー・ディー・インク(ZD Inc.)に商号を変更予定)とZDCFの株式の100%を所有しております。

この2社は公開に際して、各々上記株式の発行体である新会社ジフ・デイビス・インクの100%子会社として実質的に統合されることとなり、公開後も当社はソフトバンク・ホールディングス・インクを通じて新会社ジフ・デイビス・インクの議決権の過半数を保有する予定であります。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。