プレスリリース 1999年

米国子会社ジフ・デイビス・インクの第1四半期の業績報告

1999年4月30日

page4

ZDNet

ZDNetの売上高は18.6百万米ドルとなり、前年同期の9.7百万米ドルと比較して、92%増加しております。EBITDAは1.9百万米ドルとなり、前年同期の▲4.5百万米ドルと比較して大幅に増加しております。(ZDNetのプレスリリース参照)

ハイライト

  • メディア・メトリックス社によると、ZDNetは過去33ヶ月中31ヶ月にわたって「ニュース・情報・エンターテイメント」のカテゴリーで第一位にランクしております。

  • ZDNetのユニークビジター数は1999年3月に9百万ユーザーに達し、2月現在での8百万ユーザーと比較して12.6%の成長を遂げております。これはすべてのWebサービスの中で14位の位置にあり、他のすべてのテクノロジーコンテンツサイトに勝る数値となっております。

  • ZDNetの訪問者の平均滞在時間は、3月現在19.9分という結果が出ており、これはテクノロジーコンテンツサイト全体における平均滞在時間の約2倍となっております。

  • ZDNet オークションは今年3月にスタートし、ZDNetサイトにEコマースの要素を加える結果となりました。ZDNet オークションはテクノロジー製品・サービスの売り手と買い手の双方にとってインタラクティブなサービスを提供する革新的な手段であります。

要約

「業界をリードするブランド力とメディアプラットフォームを備えたジフ・デイビスこそが、インターネット時代の波に乗ることができる唯一の地位にあるのだ、とわれわれは確信している」とヒッポー氏は述べております。

「テクノロジー産業における政策決定者、IT技術者そして家庭や消費者すべてが、われわれのコンテンツ、コミュニティー、そしてコマースプラットフォームを通じて、有効にインターネットを利用できるようにわれわれは努力を重ねていく」と結論づけております。

ジフ・デイビス・インクはコンピューティングとインターネット関連の技術に特化した、メディア・マーケティング総合企業であります。そしてそのプラットフォームは出版物、展示会、各種会議、オンラインコンテンツ、市場調査、教育分野に及んでおります。当社は、テクノロジー関連の政策決定支援のために、グローバル企業に対してマーケティング戦略を提供しております。

メディア・メトリックス社によればZDNetはzdnet.com, zdii.com, zdu.comで構成されるものとされておりますが、実際のところZDNetサイトはanchordesk.com, zdtv.com, zdnn.com, zdu.com, pcmagazine.com, gamespot.com, devhead.com, zdy2k.comなど多くのテクノロジー関連サイトで構成されております。

本プレスリリースには、不確定な事象やリスクを被る可能性のある予見的な表現が含まれております。ジフ・デイビス・インクとしては、これら予見的な表現は当社の予想を反映した妥当なものと認識しておりますが、実際の結果は実質的にこれらから乖離したものとなる可能性もあります。実際の結果に対し影響を与えると思われる留意事項およびリスク要因については、ジフ・デイビス・インクが1999年3月30日付でSECにファイリングしました「Registration Statement on Form S-1」の “Risk Factors"の項に掲載されております。ZD株式およびZDNet株式の所有者は、ジフ・デイビス・インクの普通株式の所有者に該当し、ジフ・デイビス・インクにおける投資と同社の営業活動、資産、負債に関連したリスクを負うこととなります。

同社に関する情報については、www.ziffdavis.comもしくはwww.zdnet.comでご覧になれます。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。