プレスリリース 2000年

平成12年3月期の連結業績予想について

2000年4月6日

当社は、平成12年3月期の連結業績予想について、下記の変動要因が確定次第速やかにご報告する旨を前期の初頭にご案内させていただいておりますが、この度、米国時間4月5日付で、展示会部門を除く米国ジフ・デイビス・インクの資産売却がほぼ完了し、それらの変動要因も概ねその影響額が確定いたしましたので、別紙の通り当社平成12年3月期連結業績予想の数値を発表させていただきます。

平成12年3月期 連結決算における変動要因

  • 1. 米国子会社ソフトバンク・ホールディングス・インクにおける円建て借入金の為替換算評価損益の数値が、期末の為替レートにより変動すること。

  • 2. 米国のインターネット関連会社への投資を目的としたベンチャー・キャピタルファンドであるSOFTBANK Capital Partnersの時価評価額が期末に確定すること。

  • 3. 当期は、ご案内の通り米国キングストン・テクノロジー・カンパニー及び米国ジフ・デイビス・インク等の海外子会社の資産売却を進めており、特にジフ・デイビス・インクの資産売却は段階的に進行しており、それが完了するまで損益への影響額が不透明であること。

平成12年3月期連結業績予想

単位:百万円
  平成11年3月期 平成12年3月期(予想) 増減
売上高(連結) 528,159 420,000 △108,159
営業利益(連結) 12,129 7,000 △5,129
経常利益(連結) △15,447 △55,000 △39,553
当期利益(連結) 37,538 3,500 △34,038

各項目の主な増減要因は以下の通りであります。

連結売上高

連結売上高は、キングストン・テクノロジー・カンパニーの売却が当上半期中に完結したことに伴い、同社の売上高(前期は約1,300億円)が当期の連結業績に全く算入されなくなるため、対前期比約1,082億円の減収となる見込です。

連結営業利益

連結営業利益は、国内子会社であるソフトバンク・ファイナンス、ソフトバンク・コマース等の業績が好調であり、国内部門で約130億円(前期約80億円)の営業利益を計上しておりますが、(日)キングストン・テクノロジー・カンパニーの売却による同社の営業利益への貢献(前期約40億円)がなくなったこと、(月)海外持株会社の一般管理費、(火)ジフ・デイビス・インクのリストラ費用(営業権の償却を除く)等との通算により、約70億円程度となる予定です。

連結経常利益

連結経常損益につきましては、米国持株会社ソフトバンク・ホールディングス・インクにおける円建て長期借入金に関る為替換算評価損 約475億円の計上等の影響及びジフ・デイビス・インクにおける外部負債に係る対外支払金利負担約135億円等により、当期の経常損失は約550億円となる見込であります。

連結当期利益

連結当期利益につきましては、上半期に実施したキングストン・テクノロジー・カンパニーの売却による売却損約770億円に加え、この下半期に米国子会社ジフ・デイビス・インクの資産売却の完了に伴う無形固定資産の一括償却等約1,200億円を特別損失に計上する予定ですが、トレンドマイクロ社株式およびソフトバンク・テクノロジー社株式の一部売却にかかわる投資有価証券売却益2,200億円(トレンドマイクロ約1,275億円、ソフトバンク・テクノロジー約810億円)及び関係会社の持分変動に伴うみなし売却益約300億円等を特別利益に計上することにより、連結当期利益は約35億円程度になる予定であります。

尚、ジフ・デイビス・インクの売却に係る費用については、今後約40億円程度減額となる可能性があり、最終利益の数値は若干修正となる可能性があります。

キャッシュ・ポジションについて

平成12年3月末日現在の、当社の現・預金は、持株会社であるソフトバンク単独で約710億円、主要子会社で約350億円、合計で約1,060億円程度と、当面の資金需要には十分対応できる水準であり、また、ジフ・デイビス・インクの売却に伴う受取配当金約263億円の流入も予定されており、一部で報道があったように、時価発行増資による資金調達といった意思は現在全くございません。

キャッシュ・ポジションについて

海外子会社キングストン・テクノロジー・カンパニーの売却に係る実質的な投資損益及びジフ・デイビス・インクの売却に係る実質的な投資(含み)損益の見込については以下の通りです。

(1) キングストン・テクノロジー・カンパニー の実質投資損益

総投資額 A 約1,300億円
受取利息・配当(ネット) B 約290億円
売却額 C 約543億円
実質投資損益 (C+B)−A 約△467億円
[注]
  • *ドル円換算レートは、各取引時点のレートを適用。

(2) ジフ・デイビス・インクの実質投資損益見込み

総投資額 A 約2,724億円
既往受取利息・配当(ネット) B 約383億円
株式公開時回収額 C 約1,524億円
受取予定配当額 D 約263億円
ZDNet Inc 当社持分時価総額見込 E*1 約750億円
実質投資(含み)損益予想額 (B+C+D+E)−A 約196億円+ZD Events
[注]
  • *ドル/円換算レートは、A,B.Cは各取引時点のレートを適用。D.Eについては、3月31日終値 $1=105.22円を適用。
  • *1ジフ・デイビス・グループは、一連の資産売却後残存するインターネット事業部門であるZD Net(NYSE:ZDZ)を一端スピン・オフし、ジフ・デイビスグループの持株会社 ZD Inc(NYSE:ZD)と合併させ、「ZDNet Inc」となる予定です。当社は引続きこの「ZD Net Inc」の約45%を保有する株主になる予定であり、「ZD Net Inc」の当社持分時価総額の算定においては、ZDNetの3月31日NY終値 $21.50 ドル/1株をベースに見込額を算定しておりますが、引続き継続保有するZD Events(展示会部門)の企業価値はこれに含まれておりません。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。