プレスリリース 2001年

新株引受権方式によるストック・オプションの付与に関するお知らせ

2001年9月6日

当社は、平成13年6月21日開催の第21回定時株主総会で承認された当社取締役に対する新株引受権方式によるストック・オプション付与につきまして、平成13年8月30日開催の取締役会において、下記のとおり条件等が確定しましたのでお知らせいたします。

1.ストック・オプション制度を導入する理由

ソフトバンクグループの業績と取締役のインセンティブを連動させ、ソフトバンクグループの業績向上を図ると共に株主と取締役の利益を一致させるため。

2.ストック・オプション制度の概要

(1)新株引受権の付与対象者

平成13年6月21日開催の総会終結時に在職する当社取締役8名

(2)新株引受権の行使によって発行する株式の種類

当社額面普通株式(1株の額面金額50円)

(3)新株引受権の行使によって発行する株式の数

新株引受権の目的たる株式の総数は550,000株を上限とする。

各対象者への付与数は以下の通り

北尾 吉孝 100,000株
宮内 謙 100,000株
笠井 和彦 100,000株
井上 雅博 100,000株
村井 純 30,000株
鈴木 敏文 30,000株
柳井 正 30,000株
マーク・シュワルツ 60,000株

(4)新株式の発行価額(新株引受権の行使価額)

権利付与日の属する月の前月の各日(取引が成立しない日を除く)の東京証券取引所の当社額面普通株式の終値平均値または権利付与日の終値のいずれかの高い金額に、1.03を乗じた金額とし、1円未満の端数は切り上げる。
(但し、権利付与日は本件にかかる有価証券届出書の効力発生日とする)

(5)権利行使期間

平成14年7月1日から平成19年6月30日まで

(6)権利行使の条件

  • 1.対象者の新株引受権の行使は、下記の各期間に各対象者に対して発行される当社株式の総数が、各対象者に付与された新株引受権の目的たる株式の数に該当期間の右側に示した割合を掛け合わせた数を上回らないことを条件とする。

    平成14年7月1日(以下「行使期間開始日」)」から1年経過する日まで 30%
    行使期間開始日から1年経過した日から2年経過する日まで 60%
    行使期間開始日から2年経過した日から行使期間の満了日まで 100%
  • 2.対象者は、新株引受権の行使時においても、当社の取締役、監査役または使用人の地位を有することを要するものとする。

その他の条件は当社と対象者との間で締結する新株引受権付与契約に定めるものとする。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。