プレスリリース 2001年

連結業績予想に関するお知らせ

2001年10月26日

下記のとおり、平成13年9月中間期(平成13年4月1日〜平成13年9月30日)の連結業績予想をお知らせいたします。

1. 当中間期の連結業績予想(平成13年4月1日〜平成13年9月30日)

金額の単位:百万円
  売上高
(連結)
営業利益
(連結)
経常利益
(連結)
当期純利益
(連結)
平成13年9月期(予想)[A] 185,000 △11,000 △18,000 △55,000
平成12年9月期(ご参考) [B] 180,236 4,703 1,037 36,310
増減額 [A]−[B] 4,764 △15,703 △19,037 △91,310
増減率(%) 2.6

2. 概要

当中間期は約550億円の連結当期純損失を計上する予定です。これは市況の悪化に伴い、当社グループ企業が保有する投資有価証券について評価損約450億円を特別損失として計上することが見込まれるためです。この大半は、海外投資事業に関わるものです。

連結売上高は既存事業が順調に推移したため約1,850億円と前年同期比増加を見込み、連結営業損益は新規事業が未だ立上げ段階にあることなどにより約110億円の損失を計上する予定です。また連結経常損益は為替差益を計上する一方、持分法損失等により約180億円の損失を計上する見込みです。

尚、今後の海外における投資(ソフトバンク・インベストメント株式会社の投資事業を除く)については下記方針で対応します。

  • 1. 欧州・南米を主たる活動地域とする投資活動については、既に投資している事業育成に努め、新たな投資は当面見合わせる。

  • 2. 米国における新規の投資のうち、戦略的重要度の高いものについては継続するが、昨今のマーケット状況に鑑み、当面慎重な姿勢で臨む。

  • 3. アジアにおける投資活動については、SB Asia Infrastructure Fundを中心に継続する。

    これに伴い下記の見直しプランを実施します。

    • 1. 現在11ヶ所の海外オフィスを3ヶ所に集約。

    • 2. 海外人員の約2/3(約70人)を削減。運営費については年間約27億円の削減効果を見込む。
      尚、当施策関連費用として中間期に約17億円を計上する予定。

以上

本ニュースリリースは、証券取引法第166条に定められた「重要事実」に当たる情報が含まれる可能性があります。重要事実を含むニュースリリース等をご覧になられた方が、その重要事実が証券取引法施行令の規定に従い公開された後12時間以内に、当社およびグループ各社の株式等の売買等を行った場合、いわゆるインサイダー取引規制法違反として、証券取引法の規定に抵触するおそれがありますのでご注意ください。

本件に関する資料

ブラウザより閲覧
こちらからご覧ください。
ダウンロード
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。