プレスリリース 2001年

ブロードバンド電話サービス事業、「BB Phone」の試験サービス開始のお知らせ

2001年12月18日

ソフトバンクグループ(代表:孫 正義)、ブロードバンド総合サービスYahoo! BBのインフラの提供と管理、技術開発とサポートを行なうビー・ビー・テクノロジー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:孫 正義、以下 BBテクノロジー)、日本最大のアクセスを誇るウェッブサイトYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 雅博、以下 Yahoo! JAPAN)は、ブロードバンド電話サービス「BB Phone(BBフォン)」の試験サービスを開始します。「BB Phone」はYahoo! BBのブロードバンドのインフラにおいてVoIP (Voice over Internet Protocol)技術を活用した電話サービスで、これまでにない圧倒的な低価格にて提供する予定です。

「BB Phone」の試験サービスは、本年12月末を目処に全国のYahoo! BB既存ユーザー様から段階的にモニターを募集します。本試験サービスはYahoo! BBユーザー様の同会員向けページより受付を開始し、実用レベルでのサービスの品質、運用保守などの技術的特性、ならびにマーケットの要望調査などを実施します。

試験サービスで十分な検証を行なった後、来春を目処に「BB Phone」の個人向け商用サービスを開始する予定です。同商用サービス時の料金は、Yahoo! BB既存ユーザー様では月額基本料金が390円*1で、通話料金*2は(1)日本国内一律3分7.5円、(2)米国向け通話3分7.5円を始め、国際電話も世界231ヶ国へ最低水準の価格にて提供し、(3)「BB Phone」ユーザー間は無料と、国内・国際共にこれまでにない圧倒的な低料金を設定する予定です。

サービスの利用の際には、Yahoo! BB既存ユーザー様の場合は、「BB Phone」専用の追加ターミナルアダプタ(TA)*3(月額レンタル料金140円)を付け加えるだけで、電話番号、ダイヤル方法、電話機は従来どおりで変更一切必要はありません。

通話の品質に関しては、Yahoo! BBが全国に既設した強靭なギガビットのネットワークとManaged QoS(Quality of Service)の活用により、高水準のサービスを提供する予定です。

現在、BBテクノロジーは全国1,143局のNTT局舎間を高速のネットワークで接続し、Yahoo! BBのインフラの構築や技術開発などを行なっています。「BB Phone」は、BBテクノロジーが開発したYahoo! BBの強靭なブロードバンドのインフラを最大限に活用することで設備投資を格段に抑えます。ソフトバンクグループは「BB Phone」をこれまでの電話の常識を打ち破る圧倒的な低価格かつ高水準の品質で提供し、グループの総力を結集させ本事業の拡大を図ります。私どもは「BB Phone」を通じて、国内ならびに国際間の長距離のコミュニケーションをさらに活性化させ、社会に貢献していきたいと考えております。

[注]
  • *13,980円の初期登録費用が別途必要です。
  • *2110、119などの緊急電話に代表される3桁特番、090、070などの携帯電話・PHS・その他0A0、0120、0990等の高度電話サービスはサービス提供外ですので、ご契約電話会社の通話料が掛かります。
  • *3追加ターミナルアダプタ(TA)の買取価格は、6,720円となります。
  • *表示価格は全て税抜きです。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。