プレスリリース 2002年

SBライフ・サイエンス・ベンチャーズI, L.P. の組成について

2002年2月1日

当社の子会社の運営会社がジェネラル・パートナーとなり運営を行うベンチャーキャピタルファンド、「SBライフ・サイエンス・ベンチャーズI,L.P.(以下:SBLV、平成13年7月10日設立)」のファイナル・クローズ組成を平成14年1月31日に完了いたしましたのでご報告いたします。

SBLVのファンド規模は8,900万米ドル(約118億円、US$1.00=132.98円にて算出)、運用期間は10年で、主にライフ・サイエンス、バイオテクノロジー並びにそれらの関連技術分野を対象とした投資・育成を行って参ります。SBLVには国内外の金融機関、事業会社、ベンチャーキャピタルなど様々な企業がリミテッド・パートナーとして参画しています。

当社は、ライフ・サイエンス領域がデジタル情報革命を推進する上で極めて重要な事業領域の一つであると考えており、今回の投資事業を通じて多くの人々の生活をより豊かにし、社会に貢献して行きたいと考えております。

SBLVの概要

ファンド名 SBライフ・サイエンス・ベンチャーズI, L.P.
英文名:SB Life Science Ventures I,L.P.
ファンドの登録地及び形態 ケイマン諸島籍のリミテッド・パートナーシップ
ファンドの規模 8,900万米ドル
ファンドの期間 10年間
投資期間 当初5年間
ファンドのジェネラル・パートナー SBライフ・サイエンス・パートナーズL.P.
(ケイマン諸島籍のリミテッド・パートナーシップ)
英文名:SB Life Science Partners,L.P.
ファンドのアドバイザー SBライフ・サイエンス・エクイティ・マネジメント,LLC
(米国カリフォルニア州法人)
英文名:SB Life Science Equity Management, LLC
投資対象分野 ライフ・サイエンス、バイオテクノロジー並びにそれらの関連技術分野
投資対象地域 主に米国を中心とする環太平洋地域

以上

本ニュースリリースは、証券取引法第166条に定められた「重要事実」に当たる情報が含まれる可能性があります。重要事実を含むニュースリリース等をご覧になられた方が、その重要事実が証券取引法施行令の規定に従い公開された後12時間以内に、当社およびグループ各社の株式等の売買等を行った場合、いわゆるインサイダー取引規制法違反として、証券取引法の規定に抵触するおそれがありますのでご注意ください。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。