プレスリリース 2003年

ヤフー社株式の一部売却に関するお知らせ

2003年3月3日

当社は、本日開催した取締役会において、当社が保有するヤフー株式会社(以下ヤフー社、本社:東京都港区、代表者:井上雅博)株式の一部売却を決議いたしましたので、お知らせいたします。

また、当社全額出資子会社であるソフトバンクBB株式会社(以下SBB、本社:東京都中央区、代表者:孫 正義)は、本日開催した同社取締役会において、同社が保有する全ヤフー社株式の売却を決議いたしましたので、併せてお知らせいたします。

1.売却の概要

(1)総売却株式数 40,000株(当社15,000株、SBB 25,000株)
(2)売却方法 売出

2.売却の理由

今回の売却は、ヤフー社株式の分布状況の改善および流動性の向上を目的としており、当社の意向とヤフー社側の意向が合致したものであります。

売却後の当社が保有するヤフー社株式数は197,608株、保有比率は約42%となります。保有比率が50%を下回ることになりますが、実質支配力基準に基づき、ヤフー社は引き続き当社の連結子会社となります。

保有比率に関わりなくヤフー社は当社の重要なビジネスパートナーであり、SBBと共同で提供しているYahoo! BBサービスなどに何ら影響を与えるものではありません。今後も当社とヤフー社はブロードバンド事業を中心としたあらゆる事業において、一層のシナジーを追求してまいります。

なお、SBB保有のヤフー社株式25,000株については、SBBの自己資本の充実および財務基盤の強化を図るために、当社が本年2月に株式により現物出資したものです。

3.売却代金の使途

売却代金につきましては、当社グループがグループを挙げて推進しているブロードバンド事業へ充当する予定です。

4.上記売却が当社の平成15年3月期の業績に与える影響

上記売却による損益は、確定した段階で速やかにお知らせいたします。

ご参考

仮に、上記売却による損益を2003年2月28日のヤフー社株式終値2,040,000円で算出した場合、総売却代金は816億円となり、当社単体では関係会社株式売却益として約300億円、当社連結では投資有価証券売却益として約780億円を計上することとなります。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。