プレスリリース 2003年

あおぞら銀行株式の売却に関するお知らせ

2003年6月30日

当社は、平成15年6月30日開催の取締役会において、当社が保有する株式会社あおぞら銀行(以下「あおぞら銀行」、本社:東京都千代田区、取締役社長:丸山 博)の全株式について、Cerberus NCB Acquisition, L.P.(以下「サーベラス」)への売却を決議いたしましたので、お知らせいたします。

今後、当社は、サーベラスが実施する公開買付に応募する形で売却手続きを進める予定です。なお、サーベラスは長期信用銀行法に基づく認可を取得する必要があります。

1.売却の概要

(1)総売却株式数 1,385,548,000株
*保有株式比率(48.87%)
(2)売却金額 1,011億円(1株当たり73円)
(3)売却先 サーベラス
(4)今後の予定 サーベラスが実施する公開買付に当社が全株応募
(5)売却時期 2003年8月下旬(予定)

2.売却の理由・使途

売却代金につきましては、当社グループがグループを挙げて推進しているブロードバンド事業へ充当いたします。

3.上記売却が当社の2004年3月期の業績に与える影響

本売却に伴う投資有価証券売却損益は、以下の通りとなる見込みです。

  • (1) 単独業績への影響:関係会社株式売却益 約500億円
  • (2) 連結業績への影響:投資有価証券売却損 約35億円
[注]
  • *1連結業績の投資有価証券売却損につきましては、2003年3月末の連結上の簿価を基に計算しておりますが、最終的にはあおぞら銀行の第一四半期の持分法投資損益を加味した金額にて計算することになります。例えば、第一四半期に持分法投資利益が計上された場合は、同額の投資有価証券売却損が増加いたします。
  • *2保有株式をすべて売却することが前提

以上

ご参考

株式会社あおぞら銀行

本社 東京都千代田区九段南1-3-1
設立 1957年4月
資本金 4,198億円
代表者 取締役社長 丸山 博
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。