プレスリリース 2004年

本日の一部報道に関するコメント

2004年6月18日

IP電話サービス「BBフォン」の発信記録が流出したとの報道に関しまして、子会社のソフトバンクBB株式会社よりコメントを発表いたしました。以下のとおりお知らせ申し上げます。

本日、一部報道機関にて、弊社のBBフォンの発信記録の流出に関する報道がございました。

本年6月14日に警察より弊社の発信記録23名分65件の照会依頼を受け、検証を進めてまいりましたが、昨日午前中に弊社の発信記録であることが確認されました。

警察当局によると、容疑者からの押収物は上記23名65件が全てであるとお聞きしております。報道にある140万件という数値に関しては現在、警察当局に根拠を確認している段階でございます。

現時点で確認できている事実は以下のとおりであります。なお、お客様の通話内容などはもともと記録しておらず、当然のことながら含まれていないこともあわせてご報告いたします。

対象ユーザー:23名 発信記録:65件

  • 1: Yahoo Japan ID
  • 2: カスタマーID
  • 3: 発信元電話番号
  • 4: BBフォン課金システム上のID
  • 5: 着信先電話番号
  • 6: 発信時刻
  • 7: 通信開始時刻
  • 8: 通信終了時刻
  • 9: 通信時間
  • 10: 料金区分
  • 11: 通信料金

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。