プレスリリース 2004年

福岡ダイエーホークスの買収について

2004年10月18日

ソフトバンク株式会社は、福岡ダイエーホークスの買収に名乗りを上げました。今後、株式会社産業再生機構、日本プロフェッショナル野球組織(NPB)、地元の関係者の皆様などと協議していく予定です。

1.球団買収の目的

ソフトバンク・グループは、ブロードバンド接続サービス「Yahoo! BB」の運営やグループ企業である日本テレコム株式会社による固定電話サービスなどを提供しております。また、現在、携帯電話事業への参入を目指し準備をすすめており、あらゆる通信インフラサービスと、そのインフラを利用するコンテンツサービスを提供する総合通信事業者を目指しております。

今回の球団買収によるプロ野球への参入は、通信インフラという、重要な社会インフラを提供する企業として、消費者の認知度、企業イメージの大幅な向上と、ブロードバンドコンテンツの強化を目指すものです。

2.買収後の球団運営について

福岡ダイエーホークスは、地元福岡において絶大な支持を受けている球団であり、引き続き、福岡を本拠とする方針です。また、それ以外の詳細については現時点では未定であり、今後、関係者などと協議しながら決定する予定です。

なお、当社は2002年より球団の経営に意欲を持ち、関係各所に打診してまいりました。今後も引き続き、関係者の皆様と協議を続けていく所存です。

以上

[注]
  • *発表会見の模様は、当社ウェブサイト上からオンデマンド配信でご覧いただけます(Windows Media Player、上映時間32分)。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。