プレスリリース 2005年

第3世代移動通信システム(W-CDMA)ネットワークと無線LANネットワーク
及びWiMAXネットワーク間でハンドオーバー実験に成功

2005年10月25日

ソフトバンクグループにおいて携帯電話事業を展開するBBモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表:孫 正義、以下 BBモバイル)は、本年10月24日にさいたま市で行われたノーテルネットワークス株式会社との実証実験において、第3世代移動通信システム(W-CDMA)ネットワークと、無線LANネットワーク及びWiMAXネットワーク間でのハンドオーバー実験に成功いたしました。このたびのハンドオーバー実験は、1.7GHz帯における世界初の成功事例となります。

また、今回の実験の成功により、ユーザに対して音声や映像などのコンテンツをより高品質でスムーズに提供する事が可能になり、ソフトバンクグループが目指す生活するすべての場所と人にブロードバンド環境を提供する「ユビキタス社会」の実現に向けての大きな前進となります。

以上

[注]
  • *WiMAX:米国電気電子学会の規格による高速な広域無線ネットワーク、1台のアンテナで最大で半径約5kmをカバーし、70Mbpsの通信が可能。
  • *ハンドオーバー:通話や画像閲覧などが途切れることなく接続する基地局を切り替えること。
  • *BBモバイルは本年10月17日にWiMAX実験免許を取得しました。

会社概要

BBモバイル株式会社

社名 BBモバイル株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋1丁目9番1号
代表者 代表取締役社長 孫 正義
事業内容 電気通信事業の調査、研究、企画
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。