プレスリリース 2005年

関連会社の新株発行に伴う「持分変動によるみなし売却益」に関するお知らせ

2005年12月22日

当社の持分法適用関連会社であるSBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表者:北尾 吉孝、以下SBI)が発行した円建転換社債型新株予約権付社債につき、新株予約権の大量行使がありましたので、当社は、持分変動によるみなし売却益を計上する見込みとなりました。その詳細については下記の通りであります。

1.新株予約権の行使状況

(1)2008年満期円建転換社債型新株予約権付社債

交付株式数 180,057株(うち新株発分180,057株)
転換率 53.3%

(2)2009年満期円建転換社債型新株予約権付社債

交付株式数 107,758株(うち新株発行分107,758株)
転換率 21.3%

詳細については、本日付SBIリリース「新株予約権の大量行使に関するお知らせ(http://www.sbigroup.co.jp/news/2005/1222_a.html)」を参照ください。

2.新株発行に伴う当社グループの持分変動

  保有割合 保有株数 発行済株式総数
新株式発行前
(平成17年12月22日現在)
35.6% 3,245,811.21株 9,190,105.49株
新株式発行後 34.5% 3,245,811.21株 9,477,920.49株
[注]
  • *1保有割合はSBIの自己株式保有分を控除して計算しております。
  • *2保有株数はソフトバンク・エーエム株式会社(当社全額出資子会社)による間接保有分です。
  • *3発行済株式総数は、SBI半期報告書記載に基づいた同社単体の発行済株式総数です。

3.連結業績に与える影響

SBIの新株発行に伴い当社は、2006年3月期第3四半期に、持分変動によるみなし売却益約22億円を特別利益として計上する見通しです。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。