プレスリリース 2005年

連結子会社の有償減資に関するお知らせ

2005年12月26日

当社100%出資の連結子会社であるSOFTBANK Holdings Inc.(本社:米国デラウエア州、代表者:ロナルド・フィッシャー、以下SBH)は本日、有償減資を実施いたしました。当社は単体決算上、この有償減資に伴う払戻金額と当社出資簿価との差額を特別利益として計上する見通しとなりました。なお、当該減資に伴う払戻金額は、SBHからの借入金の一部の返済に充当いたします。その詳細については、下記の通りであります。

1.有償減資概要

(1)有償減資金額 約803.6百万ドル
(約933億円 :12月26日の為替レート116.13円による円換算額)
(2)有償減資実施日 平成17年12月26日

2.単体および連結業績に与える影響

この減資に伴い当社は、単体決算上2006年3月期第3四半期に払戻金額と当社出資簿価との差額約49億円を特別利益として計上する見通しであり、SBHからの借入金と相殺することに伴い、為替差損として約12億円を計上する見込みです。この結果、経常利益への影響額は約12億円のマイナスとなり、当期純利益への影響額は法人税等約15億円を控除した約22億円のプラスとなる見込みです。

また連結決算上、払戻金額と当社出資簿価との差額は消去されますので、SBHからの借入金と相殺することによる為替差損として約12億円を計上するため、経常利益への影響額は約12億円のマイナスとなり、当期純利益への影響額は法人税等約15億円を考慮した約27億円のマイナスとなる見込みです。

[注]
  • *法人税等は上記影響額に実効税率40.69%に基づき試算したものです。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。