プレスリリース 2005年

WiMAX推進準備室を設立
WiMAXの研究開発体制を強化

2005年12月28日

BBモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表:孫 正義)は、WiMAX(802.16e)の研究開発を強力に推進するため2006年1月1日付をもってWiMAX推進準備室を設立します。

2004年11月に発足した総務省におけるワイヤレスブロードバンド推進研究会において、近い将来、2.5GHz帯周波数を移動通信に割り当てることが検討されています。また通信方式としてWiMAX(802.16e)が有力視されております。

WiMAX(802.16e)は、カバーエリアが広く移動性が確保されておりかつ高速大容量通信が可能で、ワイヤレスブロードバンド通信に適した通信方式として評価されております。

ソフトバンクグループではその特性にかねてから着目し、グループにおいて携帯事業を運営するBBモバイルが実証実験を行っており、本年10月に、W-CDMA、無線LAN、WiMAXの3種類のネットワーク間でのハンドオーバー実験に成功するなど、商用サービスに向けて準備をすすめています。

このたびのWiMAX推進準備室の設立は、WiMAXの実用化に向けた研究開発をより強力に推進できるよう技術者を中心とした専任スタッフを集中的に投入するためのもので、室長にはソフトバンクBB株式会社のCTO筒井 多圭志が就任いたします。

ソフトバンクグループは、ワイヤレスブロードバンドの本格的展開と真のユビキタス社会を実現する革新的な新サービスの提供を目指し、引き続き準備を進めてまいります。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。