プレスリリース 2005年

「ソフトバンクグループ憲章」の改訂に関するお知らせ 改訂に合わせ新たに全従業員向け「コンプライアンスコード」を制定、ソフトバンクグループのガバナンス及びコンプライアンス体制を強化

2005年12月29日

ソフトバンクグループでは、「ソフトバンクグループ憲章」を改訂し、グループ全体のガバナンス体制とコンプライアンスの強化を図ることといたしましたので、お知らせいたします。これまでも、グループ・ガバナンスの実践やコンプライアンス遵守に関しては、「グループ会社ガイドライン」の策定や、「ソフトバンクグループ憲章」の制定、代表者宣誓制度の実施など、様々な施策を行って参りました。この度、グループ企業の従業員数の増加や事業分野の拡大に伴い、「ソフトバンクグループ憲章」の見直しを図ることで、より強固なガバナンス・コンプライアンス体制を構築してまいります。

1.名称

ソフトバンクグループ憲章
*名称には変更ありません

2.目的及び具体策

  • (1)グループ・ガバナンスの強化のため、グループ各社が守るべき具体的事項を各種ガイドラインとして制定します。グループ内での情報共有を促進し、グループ全体として迅速かつ効率的な企業活動を行います。

  • (2)

    • 1)グループの全役職員が遵守すべき事項10項目をとりまとめた「コンプライアンスコード」を策定し、あらためてコンプライアンスの意識を高めて参ります。ソフトバンクグループでは、コンプライアンスを「法令遵守にとどまらず、日常活動も含め適切な行動をすること」と広範に定義し、コンプライアンス実践により、グループの社会的信用を高めて参ります。

    • 2)グループの全役職員がコンプライアンスに関して直接相談できる窓口「グループ・ホットライン」を設置して、コンプライアンスの実践の一助とするとともに、平成18年4月施行予定の「公益通報者保護法」にも対応して参ります。

[注]
  • *新コードの内容につきましては、下記をご参照ください。

以上

ご参考

ソフトバンクグループ役職員・コンプライアンスコード

1.コンプライアンスの約束
私たちは、条約、国際ルール、法令、社内ルールを守り、社会的良識に従って行動します。
2.お客様の満足
私たちは、常にお客様のニーズ、信頼を第一に心がけ、安全で優れた製品、サービスを提供します。
3.公正取引
私たちは、品質と価格による公正な競争を行い、取引先と適正な関係を保ちます。
4.会社資産の管理
私たちは、会社資産を適正なルールに従って利用し、管理・運営します。
5.職場環境、人材の活用
私たちは、差別・ハラスメントのない快適で働きやすい職場を維持し、公正・適正な人材の活用を実現します。
6.環境保全
私たちは、資源を大切にし、地球環境の保全に努めます。
7.知的財産権の尊重
私たちは、知的財産権の大切さを理解し、他社の権利を尊重し、自社の権利を適正に管理します。
8.情報の保護
私たちは、お客様、取引先、従業員のプライバシーを尊重し、個人情報を厳重に管理します。
9.政治、行政との関係
私たちは、政治、行政と公正な関係を保ちます。
10.反社会的勢力との絶縁
私たちは、反社会的勢力とは一切の関わりを持ちません。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。