プレスリリース 2006年

モバイルWiMAX実験用無線局免許の取得について 商用サービスの実現に向けて、モバイルWiMAXの実証実験を開始

2006年12月11日

ソフトバンクグループは本日、高速な広帯域移動無線アクセス技術のひとつであるIEEE802.16e-2005(以下モバイルWiMAX)の実証実験用無線局の免許を、総務省より取得しました。ワイヤレスブロードバンドサービスの商用化に向けた実証実験を開始します。

今回の実験は、5局13セクター構成の基地局を既存のW-CDMA基地局の局舎に併設し、モバイルWiMAX対応実験用携帯端末25台を使う点において、日本最大規模のモバイルWiMAXフィールド実験になります。実験エリアの東京都江戸川区葛西は、都市部環境と郊外環境が混在しているため、両環境においてモバイルWiMAXの性能を効率よく評価することができます。また、エリア内を通る一般車道を走りながら、異システム間のハンドオーバーなどの検証を行います。

さらに、MIMO(マイモ)機能をモバイルWiMAXに搭載している点が大きな特徴です。MIMOとは「Multiple Input Multple Output」の略称で、複数のアンテナで同時に送受信を行い、データの合成と複合を行うアンテナ技術のことです。ソフトバンクグループではこの技術をモバイルWiMAXに応用し、今回の実証実験では、基地局とモバイルWiMAX対応端末にそれぞれ2本のアンテナを備えることで、MIMO未搭載の場合と比べて理論値で約2倍の高速無線スループットの実現を目指します。

今回の実験が成功すれば、音声や映像などのコンテンツをより高品質でスムーズに提供することが可能になり、ソフトバンクグループが目指すユビキタス社会の実現に向けて大きな前進となります。よって、この実験を通じて得た技術やデータ、ノウハウをもとに、ワイヤレスブロードバンドの商用サービスの実現に向けて積極的に貢献していきます。

なお、実証実験の詳細は以下の通りです。

(1)実験期間 2006年12月11日〜2007年2月28日
(2)実験エリア 東京都江戸川区葛西
(3)周波数帯 2.5GHz帯
(4)実験内容
  • 無線伝送特性の評価
  • 周波数利用効率の検証
  • 異システム間のハンドオーバー検証など
(5)適用アプリケーション
  • 動画ストリーミング
  • VoIP
  • テレビ電話など
(6)基地局数 5局(13セクター構成)
(7)実験用携帯端末数 25台
(8)免許申請者 ソフトバンクモバイル株式会社
(9)実験主催者 ソフトバンクモバイル株式会社
(10)実験協力者
  • ソフトバンクBB株式会社
  • ソフトバンクテレコム株式会社

実験用モバイルWiMAX基地局
(3G基地局とコロケーション)
 
モバイルWiMAX基地局
Motorola wi4 WiMAX WAP400 Series
(ラボ試験用)
 
モバイルWiMAX対応実験用携帯端末

実験協力会社

モトローラ株式会社

モトローラ株式会社はモバイルWiMAXの基地局と実験用携帯端末を含むエンドツーエンドの実証実験システムを供給します。テクニカルサポートとコンサルティングを通じてワイヤレスブロードバンドのノウハウを提供し、実証実験システムのトータルサポートを行います。

日本ヒューレットパッカード株式会社

日本ヒューレットパッカード株式会社は本プロジェクトにおいて全世界における通信業界での実績をベースとした技術支援を実施します。HPは通信事業者様専門の研究開発部門を持ち、全世界100カ国以上で導入されている「HP OpenCall」など、業界に特化した様々な製品やソリューションを提供しており、通信業界に対する深い理解と経験、高度な技術力を有しています。

ローデシュワルツ・ジャパン株式会社

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社は本実証実験においてWiMAX用解析器と測定技術の提供を行います。独Rohde&Schwarz社は、次世代無線通信システム構築のため、今後も積極的に貢献していきます。

株式会社東陽テクニカ

株式会社東陽テクニカは欧米の先進電子計測器を輸入販売する技術商社です。同社が提供するSpirent社製フェージングシミュレータは、WiMAXの評価に最適かつWiMAXフォーラムにて承認された電波伝播モデルが有効的なため、本トライアルに参加します。

SEQUANS Communications

SEQUANSはフランスに拠点を置く会社で、固定&モバイルWiMAX用のチップセットとソフトウェアを、開発・生産販売しています。今回の実証実験においては、試験用のサンプルを提供する事により、モバイルWiMAXのパフォーマンス測定に貢献します。

株式会社構造計画研究所

株式会社構造計画研究所は、ソフトバンクグループのモバイルWiMAXトライアルにおいて、モバイルWiMAXの性能をリアルタイムにわかりやすく表示するGUIツールの開発を担当し、高品質なソフトウェアを提供します。

参考

MIMO:Multiple Input Multiple Outputの略。複数のアンテナで同時に通信しデータの合成と複合を行うことで、高速のスループットを実現する。また、障害物など多く存在する環境でも通信状況が安定する特質がある。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。