プレスリリース 2011年

ボーダフォン日本法人買収資金のリファイナンスについて(2)

2011年7月22日
ソフトバンク株式会社

当社は、2011年7月1日付「ボーダフォン日本法人買収資金のリファイナンスについて」のとおり、本日、国内外の17金融機関との間で借入総額5,500億円となる借入契約を締結しましたのでお知らせいたします。

ソフトバンクモバイル株式会社(SBM)は、本借入で調達する資金および同社の手元資金により、2011年7月27日に3,694億円を、同年10月27日に2,845億円を返済し、同社が買収のために調達した借入金(買収借入金)を完済する予定です。

1. 当連結会計年度の損益に与える影響額

今回のリファイナンスに伴い発生する、(1)本借入に関連する諸費用、(2)買収借入金の返済に関連する諸費用(金利ヘッジ解約費用および期限前償還割増金等)については、2012年3月期の連結損益計算書上、営業外費用として約230億円、特別損失として約220億円を計上する予定です。

2. その他

本日時点において、金利削減額を合理的に見積もることは困難ですが、今回のリファイナンスによって、金利負担を大幅に軽減できると見込んでいます。
また、当社グループが掲げている、2009年3月末時点の連結純有利子負債を3年間(2012年3月末まで)で半減させ、6年間(2015年3月末まで)でゼロとする目標に変更はありません。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。