プレスリリース 2014年

ブライトスターの株式の取得(子会社化)について
(取得の完了及び開示事項の一部変更)

2014年1月30日
ソフトバンク株式会社

当社は、2014年1月30日(日本時間)、米国子会社を通じて、携帯端末の卸売事業を展開する米国のBrightstar Corp.(以下「ブライトスター」)の株式の取得(以下「本取引」)を完了し、同社を子会社化しましたのでお知らせいたします。
なお、2013年10月19日付「ブライトスターの株式の取得(子会社化)について」の「2. 本取引の方法」に記載した内容に一部変更がありましたので、あわせてお知らせいたします。

Ⅰ. ブライトスターの概要

(1)名称 Brightstar Corp.
(2)所在地 9725 NW 117th Ave, #300 Miami, Florida, U.S.A
(3)代表者の役職・氏名 Chairman and Chief Executive Officer
Marcelo Claure
(4)事業内容 携帯端末の卸売、携帯端末の物流・在庫管理、携帯端末に係る保険、買戻し、下取り、マルチチャネル販売及びエンドユーザー向けファイナンス
(5)資本金 2千米ドル
(6)設立年月日 1997年9月23日

Ⅱ. 開示内容の変更

[注]
  • 変更箇所は、太字で示してあります。
変更前

2. 本取引の方法

(1)米国子会社を通じたブライトスター株式の取得等

[注]
  • ※4株式所有割合は、議決権数及び普通株式数を基準としています。
  • 当社は、本取引に当たり、当社が持分の100%を間接的に所有する米国子会社(以下「米国子会社」)に対し、総額12.6億米ドルの投資を行います。
  • 当社は、上記の投資総額のうち4億米ドルの投資の対価として、米国子会社が新規に発行する普通株式を間接的に取得するとともに、残りの8.6億米ドルの投資の対価として、米国子会社が新規に発行する無議決権優先株式(総額8.6億米ドルの優先残余財産分配請求権を有する。)及び5年間にわたり当社が間接的に所有する同社の普通株式所有割合を約70%に引き上げることとなる株式数に相当する数の普通株式を僅少な金額で取得する権利(以下「本ワラント」)を間接的に取得します。

(中略)

(2)本ワラントの行使

[注]
  • ※5株式所有割合は、議決権数及び普通株式数を基準としています。

(後略)

変更後

2. 本取引の方法

(1)米国子会社を通じたブライトスター株式の取得等

[注]
  • ※4株式所有割合は、議決権数及び普通株式数を基準としています。
  • 当社は、本取引に当たり、当社が持分の100%を所有する米国子会社(以下「米国子会社」)に対し、総額12.6億米ドルの投資を行います。
  • 当社は、上記の投資総額のうち4億米ドルの投資の対価として、米国子会社が新規に発行する普通株式を取得するとともに、残りの8.6億米ドルの投資の対価として、米国子会社が新規に発行する無議決権優先株式(総額8.6億米ドルの優先残余財産分配請求権を有する。)及び5年間にわたり当社が所有する同社の普通株式所有割合を約70%に引き上げることとなる株式数に相当する数の普通株式を僅少な金額で取得する権利(以下「本ワラント」)を取得します。

(中略)

(2)本ワラントの行使

[注]
  • ※5株式所有割合は、議決権数及び普通株式数を基準としています。

(後略)

Ⅲ. 本取引に係る取得関連費用

(1)取得関連費用(概算額) 約13億円
(2)取得関連費用の計上方法 国際会計基準(IFRS)に基づいて作成される2014年3月期の連結損益計算書において、上記の取得関連費用全額を「販売費及び一般管理費」として計上する見込みです。

Ⅳ. 業績に与える影響

本取引による業績等への影響については、確定次第お知らせします。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。