プレスリリース 2014年

当社子会社(ヤフー株式会社)による
イー・アクセス株式会社の株式取得の中止と今後の協業について

2014年5月19日
ソフトバンク株式会社

当社は、2014年3月27日付「当社子会社(ヤフー株式会社)によるイー・アクセス株式会社の株式取得に伴う孫会社の異動について」にて、当社子会社であるヤフー株式会社(以下「ヤフー」)が当社子会社であるイー・アクセス株式会社(以下「イー・アクセス」)の株式を当社から取得すること(以下「本取引」)についてお知らせしましたが、その後、当社とヤフーで協議を重ねた結果、添付資料のとおり本取引を中止することとなりましたので、お知らせいたします。
なお、イー・アクセスは、予定どおり2014年6月1日を効力発生日として、当社子会社である株式会社ウィルコムと合併を行う予定です(合併後の会社を以下「新会社」)。新会社の社名については、後日、ワイモバイル株式会社に変更する予定です。

2014年3月27日に本取引について公表した後、当社とヤフーはネットワークの相互利用やサービス設計等について引き続き議論を重ね、相互理解をさらに深めてきました。その結果、ヤフーが新会社を子会社化して自らインフラを手がけるよりも、ヤフーはサービス、新会社はインフラというそれぞれの強みを生かした協業の形で事業を進めていくことが望ましいとの結論に至り、本取引を中止することとなりました。
新会社は、ヤフーとの密接な連携の下、2014年3月27日の発表時にヤフーが掲げた「ネットの生み出す楽しさ・便利さをみんなの手元に届ける」というコンセプトを引き継いでいきます。また、ヤフーはヤフーのサービスを組み込んだ商材を新ブランド「Y!mobile」の名称で新会社と共同して展開していきます。新しいサービスの内容は決まり次第お知らせします。あわせて、「Y!mobile」で実施する各種取り組みをソフトバンクモバイル株式会社で展開することも視野に入れて議論を開始します。

業績への影響

本取引の中止が2015年3月期の当社連結業績に与える影響は軽微です。なお、2014年3月27日付「当社子会社(ヤフー株式会社)によるイー・アクセス株式会社の株式取得に伴う孫会社の異動について」にて、「本取引に伴い、2015年3月期の当社個別決算において、関係会社株式売却益として557億円が特別利益に計上される見込み」とお知らせしましたが、この特別利益は発生しません。

[注]
  • 当社の個別決算は、日本基準に基づいて作成しています。

新会社の概要(2014年6月2日付)

名称 イー・アクセス株式会社(後日、ワイモバイル株式会社に変更予定)
所在地 東京都港区東新橋1-9-2
代表者及び役員 代表取締役社長CEO エリック・ガン
取締役COO 寺尾 洋幸
取締役 阿部 基成
取締役 髙島 謙一
取締役 宮内 謙(ソフトバンク(株) 代表取締役副社長)
取締役 宮川 潤一(ソフトバンクモバイル(株) 取締役専務執行役員 兼 CTO)
取締役 藤原 和彦(ソフトバンク(株) 常務執行役員)
取締役 村上 臣(ヤフー(株) 執行役員 チーフモバイルオフィサー)
事業内容 電気通信事業
資本金 43,286百万円
設立年月日 1999年11月1日
大株主及び持株比率 ソフトバンク株式会社 99.68%(議決権所有比率 33.29%)

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。