プレスリリース 2016年

国家電網公司、韓国電力公社、ROSSETIとの
電力網の国際連系推進のための調査・企画に関する
覚書の締結について

2016年3月30日
ソフトバンクグループ株式会社

ソフトバンクグループ株式会社は、中国の国家電網公司(本社:中華人民共和国北京市、以下「国家電網」)、韓国電力公社(本社:大韓民国全羅南道羅州市、以下「KEPCO」)、ロシア・グリッド(本社:ロシア連邦モスクワ州、以下「ROSSETI」)と国際間での電力連系推進のための調査および企画立案を目的とした覚書を2016年3月30日に締結しました。

今回の覚書に基づき、4社は北東アジアでの電力網の国際連系に関する調査の実施、ならびに事業性の評価を行い、今後の国際連系実現に向けた各国政府によるサポートの要請や事業体制の企画検討を行います。

ソフトバンクグループは国家電網、KEPCO、ROSSETIと協力し、電力網の国際連系実現に向けて同事業を推進していきます。

2016 International Conference on Global Energy Interconnection (2016 GEI) での講演(2016年3月30日)

左から:ソフトバンクグループ株式会社 代表取締役社長 孫 正義、国家電網公司 社長 舒 印彪、韓国電力公社 社長 趙 煥益、ロシア・グリッド First Deputy Director General Roman Berdnikov

参考:自然エネルギー財団プレスリリース「自然エネルギーの活用に向け国際送電網の構築をめざす非営利団体“GEIDCO”への参加について

[注]
  • 2015年7月1日付でソフトバンク株式会社は、ソフトバンクグループ株式会社に社名を変更しました。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。