プレスリリース 2016年

公募ハイブリッド社債(公募劣後特約付社債)の発行に関するお知らせ

2016年8月24日
ソフトバンクグループ株式会社

当社は本日、機関投資家及び個人投資家を対象とした公募ハイブリッド社債(公募劣後特約付社債)(以下「本ハイブリッド社債」)の発行(以下「本発行」)に関する訂正発行登録書を関東財務局長に提出しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 本ハイブリッド社債発行の目的と背景

当社は、英国のARM Holdings plc(以下「ARM」)買収後の財務基盤を強化するため、格付機関からの資本性評価を意識した本ハイブリッド社債の発行を決定しました。

当社と英国のARMは、2016年7月18日付「当社によるARM買収の提案に関するお知らせ」に記載のとおり、2016年7月18日付で、イングランドの裁判所の承認を取得する「スキームオブアレンジメント」の方法により、当社がARMの発行済株式及び発行予定株式全部を総額約240億ポンド(約3.3兆円)の現金で買い付ける取引の条件に合意しています。当該買収の手続きは、ARMが2016年8月30日に開催予定の裁判所集会及び株主総会における承認などの諸条件が充足することを前提に、2016年9月5日にスキームの効力が発生する見込みです。

2. 本発行内容等

本ハイブリッド社債の概要は下記のとおりです。

(1)利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)(主に機関投資家向け)

第1回 第2回
1. 発行総額 未定 未定
2. 各社債の金額 金1億円
3. 当初利率 未定(仮条件 年2.9~3.1%) 未定(仮条件 年3.4~3.6%)
(2016年9月9日に決定予定)
4. 年限 25年 27年
5. 償還期限 2041年9月13日 2043年9月16日
期限前償還 2021年9月16日及び以降の各利払日に、当社の裁量で繰上償還可能。 2023年9月16日及び以降の各利払日に、当社の裁量で繰上償還可能。
6. 利払日 毎年3月16日及び9月16日
7. 申込期間 2016年9月9日
8. 払込期日 2016年9月16日
9. 募集の方法 国内での一般募集
10. 募集の対象 主に機関投資家
11. 担保 本ハイブリッド社債には担保及び保証は付されておらず、また本ハイブリッド社債のために特に留保されている資産はない。
12. 財務上の特約 本ハイブリッド社債には財務上の特約は付されていない。
13. 優先順位 本ハイブリッド社債は、当社の清算手続き等における債務の支払いに関し、一般の債務(当社が2014年及び2015年に発行した劣後債を含む)に劣後し、当社の最上位の優先株式(今後発行した場合)と実質的に同順位として扱われ、普通株式に優先する。
14. 引受会社
  • 野村證券株式会社
  • みずほ証券株式会社
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
15. 財務代理人 株式会社みずほ銀行
16. 振替機関 株式会社証券保管振替機構
17. 債券予備格付 BBB(株式会社日本格付研究所)

(2)利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)(主に個人投資家向け)

第3回
1. 発行総額 金3,500億円
2. 各社債の金額 金100万円
3. 当初利率 未定(仮条件 年2.9~3.1%)(2016年9月9日に決定予定)
4. 年限 25年
5. 償還期限 2041年9月30日
期限前償還 2021年9月30日及び以降の各利払日に、当社の裁量で繰上償還可能。
6. 利払日 毎年3月30日及び9月30日
7. 申込期間 2016年9月12日から9月29日まで
8. 払込期日 2016年9月30日
9. 募集の方法 国内での一般募集
10. 募集の対象 主に個人投資家
11. 担保 本ハイブリッド社債には担保及び保証は付されておらず、また本ハイブリッド社債のために特に留保されている資産はない。
12. 財務上の特約 本ハイブリッド社債には財務上の特約は付されていない。
13. 優先順位 本ハイブリッド社債は、当社の清算手続き等における債務の支払いに関し、一般の債務(当社が2014年及び2015年に発行した劣後債を含む)に劣後し、当社の最上位の優先株式(今後発行した場合)と実質的に同順位として扱われ、普通株式に優先する。
14. 引受会社
  • みずほ証券株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 大和証券株式会社
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
15. 社債管理者 株式会社あおぞら銀行
16. 振替機関 株式会社証券保管振替機構
17. 債券予備格付 BBB(株式会社日本格付研究所)

本ハイブリッド社債は、会計上は社債である一方で、利息の任意繰延、超長期の返済期限、通常債務に比した劣後性など、資本に類似した性質及び特徴を有するため、格付機関(株式会社日本格付研究所及びスタンダード&プアーズ・レーティング・ジャパン株式会社)より、資本性の認定(資金調達額の50%を想定)を受ける予定です。

3. 本発行の今後のスケジュール

本発行に向け、本日、訂正発行登録書を関東財務局長に提出しています。また、本発行においては、需要状況を見ながら、2016年9月9日に発行金額等の条件を決定する予定です。

なお、国内市場において、広く個人投資家を募る公募形式でのハイブリッド社債の発行は、本邦事業会社としては初となります。

以上

このお知らせは、本ハイブリッド社債の発行に関して一般に公表することを目的としており、一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的としておりません。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。