プレスリリース 2017年

石巻地域の魅力発信とさらなる活性化のための
産学連携プロジェクトで人型ロボット「Pepper」を活用~「Pepper 社会貢献プログラム」における石巻専修大学との取り組みについて~

2017年3月6日
ソフトバンクグループ株式会社
学校法人専修大学 石巻専修大学

ソフトバンクグループ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長 孫 正義)と学校法人専修大学 石巻専修大学(所在地:宮城県石巻市、学長 尾池 守、以下「石巻専修大学」)は、2017年4月から開始する「Pepper 社会貢献プログラム ソーシャルチャレンジ」における取り組みの一つとして、石巻地域の魅力発信のために、産学連携プロジェクトとして人型ロボット「Pepper」を活用した地域活性化に共同で取り組みます。

東日本大震災での最大の被災地の一つである石巻地域は、現在も震災の復興が進む中、安定した雇用の創出と人材育成が課題となっています。こうした地域課題に取り組むためには、教育機関、行政、産業が連携し、地域が一体となった取り組みがより重要となっています。石巻専修大学では、地域を支えていく人材の育成と地域の活性化を目指した「高大産(高校・大学・産業)連携プロジェクト」を2016年4月から推進しています。この「高大産連携プロジェクト」では、石巻地域の高校、大学、企業などとの連携により、地域の理解を深めながら、各々の強み、特色を最大限に引き出すことに取り組んでいます。

プロジェクト内容

プロジェクト名 担当 内容
震災伝承プロジェクト 石巻商業高校と石巻専修大学 石巻市を訪れる外国人観光客に対してPepperが多言語で震災当時の様子や復興の歩みを紹介する。
まちなかポスタープロジェクト 石巻桜坂高校と石巻専修大学 石巻市内の商店街や企業の情報を発信するポスターをPepperが紹介することで、よりクリエイティブに石巻市の魅力を伝える。
「まちの防災」を考えよう 石巻工業高校と石巻専修大学 小中学生の防災意識を高めるためにPepperと一緒に地域の現状を考える出張授業を実施する。
Pepperとデジタルマップを活用した地域復興 被災地の復興状況などをPepperと3DマップやQRコードを組み合わせて案内する。
複数台のPepperによるヒューマンインターフェイスの活用 複数台のPepperが連動してコミュニケーションをするロボアプリを開発し、地域住民のコミュニケーションツールとして活用する。

ソフトバンクグループは「高大産連携プロジェクト」の趣旨に賛同し、また、石巻地域のさらなる活性化のために「Pepper 社会貢献プログラム」を通して、石巻地域の人材育成とさらなる活性化に取り組みます。

[注]
  • 本プログラムの詳細については本日発表の報道資料をご参照ください。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。