プレスリリース 2019年

「Pepper 社会貢献プログラム2」の申込受付期間を延長

2019年3月22日
ソフトバンクグループ株式会社
ソフトバンクロボティクス株式会社

ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンクロボティクス株式会社は、ロボットを活用してプログラミング教育を支援する「Pepper 社会貢献プログラム2」の申込受付期間を、2022年3月末まで延長します。

新学習指導要領の導入により、2020年度に小学校でプログラミング授業が必修化され、2021年度には中学校でプログラミングの授業内容が拡充されます。ソフトバンクグループは、当初の申込受付期間を3年間延長することにより、自治体や教育機関に十分に検討していただくことで、本格導入に向けた準備期間をサポートします。

ソフトバンクグループは「Pepper 社会貢献プログラム2」を2018年4月に開始し、全国の小学校・中学校・高等学校やプログラミング教育を実施する学習塾などを対象に、人型ロボット「Pepper」を1台当たり月額2万円(税抜き)で36カ月間貸し出しています。

このプログラムは、ロボットと共働・共生する未来の社会を担う子どもたちに向けてプログラミング教育の普及を目指すもので、論理的思考力や問題解決力、創造力育成を支援しています。2017年4月に開始した第1弾のプログラムと合わせて、これまで全国約600校でおよそ2万2,000回のプログラミング授業が実施されています。

変更点

変更前 変更後
申込受付期間 2019年3月まで 2022年3月まで

参加申し込み方法

ソフトバンクロボティクスのウェブサイトの参加申し込みフォームで受け付けます。

[注]
  • 保険などの実費に相当する社会貢献特別料金です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。