プレスリリース 2019年

当社連結決算における
スプリントに係る減損損失の不認識に関するお知らせ

2019年5月8日
ソフトバンクグループ株式会社

2019年5月7日(米国東部時間)、当社の米国子会社であるSprint Corporation(以下「スプリント」)は、2019年3月31日に終了した3カ月間(以下「当第4四半期」)において20億米ドル(2,220億円)の減損損失を計上したことを発表しましたが、当社連結決算では、当第4四半期においてスプリントに係る減損損失を認識しませんので、下記のとおりお知らせいたします。
なお、当社の2019年3月期連結決算は、2019年5月9日午後3時に公表予定です。

[注]
  • 1米ドル=111円で換算

1. スプリントにおける減損損失の計上

スプリント(米国会計基準)は、当第4四半期において減損テスト(将来計画を用いたDCF、EBITDAマルチプル、M&A他社事例による評価のブレンドで公正価値を算定)を実施した結果、同社の見積もり公正価値(263億米ドル)(次頁図の(b))が減損損失計上前の純資産額(283億米ドル)(次頁図の(a))を下回ったため、その差額である20億米ドルを減損損失として営業費用に計上しました。

2. スプリントの減損損失の当社連結決算における取り扱い

当社連結決算(IFRS)においては、スプリントの回収可能価額221億米ドル((公正価値-処分コスト)×当社持分84.4%)(次頁図の(c))が、当社における第4四半期末の同社の連結簿価220億米ドル(次頁図の(d))を上回ったため、減損損失を認識しません。
なお、当社におけるスプリントの連結簿価(次頁図の(d))とスプリントの減損損失計上前の純資産額(次頁図の(a))は異なります。主に当社のスプリントに対する持分(84.4%)の影響に加えて、当社においてはスプリント買収時の為替予約によるヘッジ影響額(約31億米ドル)がスプリントの連結簿価から減額されていることによるものです。

スプリント純資産額と公正価値、ならびにスプリント連結簿価と回収可能価額の比較

スプリント純資産額と公正価値、ならびにスプリント連結簿価と回収可能価額の比較

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。