パンくず

サステナビリティ

リスクマネジメント

将来リスクを予測し、その発生を予防するとともに、リスクが顕在化した場合も、その損失を最小限に抑えるための体制を構築し、グループ全体でリスクマネジメントを実施しています。

リスク管理体制

当社は、「ソフトバンクグループグループ会社管理規程」において、グループのリスクマネジメントに関わる基本的な考え方を定めています。同規程に基づき、リスク管理の責任者の選任を進めるとともに、事業活動において発生するリスクの低減および未然防止に向けた体制を構築しています。また、グループ内でのインシデント発生に際して、企業集団として適切に対処するため、グループ各社(子会社、関連会社および共同支配会社)から当社へのエスカレーションフローを整備しています。

加えて、グループ全体のリスクマネジメントを統括する組織として、2019年にグループ・リスク・コンプライアンス委員会(GRCC)を新たに設置するなど、グループリスク管理体制の強化に取り組んでいます。

pic_01pic_01

リスク管理の取り組み

当社では、グループ各社におけるリスクとインシデントの発生状況を把握し、グループレベルでの重要リスクや課題を特定するため、GRCCの監督の下、リスクマネジメントのPDCA(計画、実行、評価、改善)サイクルを構築し、運用しています。

このPDCAサイクルにのっとって、定期的にグループ各社からリスク評価結果などの情報を収集し、当該情報を分析・評価することで、グループに損失が生じるおそれのある重要リスクを特定しています。また、特定された重要リスクを含めたグループ全体のリスクの状況については、取締役会に報告し、その結果を踏まえて、重要リスクの対応策の決定やPDCAサイクルの見直しなどの対応を行っています。