アーム事業

IoT時代のキードライバー

アームは、半導体チップに搭載される主要技術のデザインを手掛ける、グローバルリーディングカンパニーであり、世界で最も広範に導入されている最新技術のIP(回路の設計情報などの知的財産)を保有しています。

基礎情報

主な事業内容 プロセッサーのIPおよび関連ソフトウエア、ツール、IoTプラットフォーム、ソリューションテクノロジー
主な事業会社

概要

アームのプロセッサー・デザインは、ほぼ全てのスマートフォンのメインチップに組み込まれていることで知られています。アームの高性能かつ省電力のプロセッサー・デザインは、2017年度にパートナーから出荷された210億個以上のチップに組み込まれており、インテリジェント・コンピューティングを可能にします。デジタルテレビからブレーキシステム、スマートセンサー、クラウドを支えるデータセンターまで、さまざまなデジタル機器がアームの技術を使用しています。

アームはプラットフォーム、センサーやサブシステムの設計・開発を通して、急速に発展するIoTテクノロジーや新しい市場に投資することで長期的な成長機会を追及しています。また、常時接続のアーム版Windows10搭載PC、機械学習プロセッサー、5G、クラウド・インフラストラクチャー、自動運転技術などの最先端のモバイル処理技術が、将来の獲得に寄与すると見込んでいます。

アームのテクノロジーを含んだチップはすでに1,300億以上のデバイスに搭載されています。IoTによりこの数が急速に拡大し、1兆個のデバイスがつながるグローバルネットワークへと成長することが見込まれます。

[注]
  • このページでは原則として、株式会社や有限会社、社団法人などを省略して社名・団体名を表記しています。