パンくず

サステナビリティ

ESGデータ集

  • 報告対象(バウンダリ)はこちら

環境関連データ

温室効果ガス排出量(Scope1&2)

 FY17FY18FY19FY20FY20
(目標)
達成率
(%)
バウンダリ
Scope1&2
(t-CO₂)
722,514693,953776,104620,929722,000116SBKK※1
Scope1
(t-CO₂)
11,38611,45615,80315,41615,00097SBKK※1
Scope2
(t-CO₂)
711,128682,497760,301605,513707,000117SBKK※1
原単位※2
(t/Gbps)
849682628411520127SBKK※1
長期目標
 FY21FY22FY23FY24FY25FY30バウンダリ
Scope1&2
(t-CO₂)
553,000473,000443,000417,000400,0000SBKK※1
  1. 対象範囲:2018年度までソフトバンク株式会社。2019年度以降は子会社のヤフー株式会社およびアスクル株式会社を算入。(ソフトバンクグループ株式会社は、2020年度にScope1,2におけるカーボンニュートラル(排出量実質ゼロ)を達成しています。2021年度以降も継続的にカーボンニュートラルを達成していきます。)

  2. 通信量当たり排出量

温室効果ガス排出量(Scope3)

 FY20
(t-CO₂)
割合
(%)
算出定義バウンダリ
Scope 1,2,3 合計3,724,066100 SBKK
 Scope 1:直接排出12,1410.3 SBKK
 Scope 2:エネルギー起源の間接排出590,43815.9 SBKK
 Scope 3:その他の間接排出3,121,48783.8 SBKK
  カテゴリ1:購入した製品・サービス340,2229.1製品・サービスの購入金額に、各製品の調達輸送段階を含む排出原単位を乗じて算出SBKK
  カテゴリ2:資本財1,446,09938.8設備投資額に資本財の価格当たりの排出原単位を乗じて算出SBKK
  カテゴリ3:Scope1、2に含まれない燃料およびエネルギー関連活動113,4323.0燃料・電力の使用量等に、燃料調達時の排出原単位を乗じて算出SBKK
  カテゴリ4:輸送、配送(上流)26,4810.7横持ち輸送、出荷輸送について、輸送費に金額当たりの排出原単位を乗じて算出(調達輸送はカテゴリ1に含めて算出)SBKK
  カテゴリ5:事業から出る廃棄物8370.02産業廃棄物重量に、廃棄物種類・処理方法別の排出原単位を乗じて算出SBKK
  カテゴリ6:出張4,2160.1交通費支給額に、交通区分別交通費支給額当たり排出原単位を乗じ、宿泊日数に、宿泊数当たり排出原単位を乗じて算出SBKK
  カテゴリ7:雇用者の通勤12,6340.3従業員の延べ通勤距離に、交通区分別の旅客人キロ当たり排出原単位を乗じ、テレワーク時における電力消費量に電力の排出係数を乗じて算出SBKK
  カテゴリ8:リース資産(上流)94,2822.5社用車の延べ走行距離に、燃料別最大積載量別燃費の排出係数を乗じ、倉庫の延べ床面積に、建物用途別・単位面積当たりの排出原単位を乗じ、一部の通信設備の電力消費量に電力の排出係数を乗じて算出SBKK
  カテゴリ9:輸送、配送(下流)603,37616.2出荷輸送について、輸送費に金額当たりの排出原単位を乗じて算出SBKK
  カテゴリ10:販売した製品の加工算出対象外SBKK
  カテゴリ11:販売した製品の使用449,00812.1販売・レンタルした製品の台数に、各製品の生涯電力消費量と電力の排出係数を乗じて算出SBKK
  カテゴリ12:販売した製品の廃棄7620.02販売した製品の延べ重量に、廃棄物種類別の排出原単位を乗じて算出SBKK
  カテゴリ13:リース資産(下流)カテゴリ11に含めて算出SBKK
  カテゴリ14:フランチャイズ30,1380.8ソフトバンクショップ、ワイモバイルショップの延べ床面積に、建物用途別・単位面積当たりの排出原単位を乗じて算出SBKK
  カテゴリ15:投資算出対象外SBKK
  • 対象範囲:ソフトバンク株式会社、ヤフー株式会社

エネルギー消費量

 FY17FY18FY19FY20バウンダリ
電気使用量(千kWh)1,418,7911,355,7031,644,2341,680,530SBKK
 再生可能エネルギー(千kWh)444432,516324,766SBKK
都市ガス(千㎡)4,7314,5544,5084,914SBKK
A重油(Kl)144190160198SBKK
  • 対象範囲:ソフトバンク株式会社、2019年度以降は子会社のヤフー株式会社およびアスクル株式会社を算入

各種環境データの第三者保証取得

2020年度の温室効果ガス排出量(Scope 1,2,3)およびエネルギー消費量は、外部の第三者である一般財団法人日本品質保証機構の第三者検証を実施。(ISO14064-3に準拠の限定保証水準)

社会関連データ

人材・ダイバーシティ

 FY17FY18FY19FY20バウンダリ
在籍人数(人)
 合計19,40819,99327,56829,212SBG+国内主要子会社①
  男性13,84514,20019,35020,549SBG+国内主要子会社①
  女性5,6625,7928,2188,663SBG+国内主要子会社①
   収益創出機能※1における女性社員比率(%)32323333SBG+国内主要子会社④
   STEM分野※2における
女性社員比率(%)
15151414SBG+国内主要子会社④
在籍者年齢構成(人)
 ~29歳3,6113,6025,3695,257SBG+国内主要子会社①
 30~49歳13,66513,90818,88820,210SBG+国内主要子会社①
 50歳~2,2122,4263,1043,513SBG+国内主要子会社①
新規採用者人数(新卒・中途)(人)
 合計8486272,2462,214SBG+国内主要子会社①
  男性6037991,6731,626SBG+国内主要子会社①
  女性245300573570SBG+国内主要子会社①
新規採用者に占める中途採用者数(人)2724691,1481,313SBG+国内主要子会社③
フルタイム社員の平均採用コスト(千円)1,0182,9703,1123,301SBG+SBKK
管理職数(人)4,4554,5796,1506,784SBG+国内主要子会社①
女性管理職比率(%)22262424SBG
女性管理職数(人)
 合計265303573663SBG+国内主要子会社①
  初級管理職※3
おける女性社員数
224254482564SBG+国内主要子会社②
  上級管理職に
おける女性社員数
41499199SBG+国内主要子会社②
社員の平均勤続年数(年)
 合計7.66.56.65.7SBG+国内主要子会社①
  男性7.86.86.85.8SBG+国内主要子会社①
  女性7.36.16.35.5SBG+国内主要子会社①
フルタイム社員の離職率(%)7.79.08.56.1SBG+国内主要子会社②
派遣・契約社員数(人)3,8534,6845,4505,680SBG+国内主要子会社④
  1. 営業や販売等、直接的に収益を上げる部門

  2. 日常的にScience,Ttechnology, Engineering,Mathematicsの4分野等の理系知識を活用する部門

  3. エントリーレベルの管理職を指し、組織の日常的な業務の責任を負い、高位の管理職からの指示を部下に伝える役職

国籍※1

 全社員比率(%)管理職比率(%)※2バウンダリ
上位1位の国籍日本96.6日本98.7SBG+国内主要子会社④
上位2位の国籍中華人民共和国1.5中華人民共和国0.4SBG+国内主要子会社④
上位3位の国籍大韓民国0.9大韓民国0.2SBG+国内主要子会社④
上位4位の国籍その他アジア0.6その他アジア0.2SBG+国内主要子会社④
その他 0.4 0.4SBG+国内主要子会社④
  1. 2021年3月末時点

  2. 小数点第二位以下切り捨てのため、合計値は99.9%となります

給与・報酬

 FY20バウンダリ
社員の平均年間給与(千円)8,245SBG+国内主要子会社①
役員レベルにおける平均年間基本給(千円)
 男性32,233国内主要子会社⑤
 女性-国内主要子会社⑤
役員レベルにおける平均年間給与(千円)
 男性57,276国内主要子会社⑤
 女性-国内主要子会社⑤
管理職レベルにおける平均年間基本給(千円)
 男性8,112国内主要子会社②
 女性7,248国内主要子会社②
管理職レベルにおける平均年間給与(千円)
 男性11,365国内主要子会社②
 女性10,455国内主要子会社②
非管理職レベルにおける平均年間給与(千円)
 男性6,508国内主要子会社②
 女性5,505国内主要子会社②

研修と能力開発

 FY20バウンダリ
社員一人当たりの平均年間研修コスト(千円)126国内主要子会社④

労働安全衛生

 FY17FY18FY19FY20バウンダリ
休業労働災害度数率0000SBG+国内主要子会社④
  • 2020年度よりSBGに加え国内主要会社④を追加

社会貢献活動費

 FY20バウンダリ
慈善事業への寄付(千円)合計金額2,511,557SBG+国内主要子会社②
 現金寄付12,218SBG+国内主要子会社②
 時間(金額換算)2,105,200SBG+国内主要子会社②
 現物寄付368,303SBG+国内主要子会社②
 管理経費22,836SBG+国内主要子会社②
コミュニティ投資(千円)7,618,399SBG+国内主要子会社②
宣伝活動費(千円)15,400SBG+国内主要子会社②

ガバナンス関連データ

政治献金額

FY17FY18FY19FY20バウンダリ
合計額0000
 ロビー活動(円)0000SBG+国内主要子会社②
 政治活動(円)0000SBG+国内主要子会社②
 事業者団体(円)0000SBG+国内主要子会社②
 その他(円)0000SBG+国内主要子会社②

社内規程・法令違反等に関する懲戒件数※

FY19FY20バウンダリ
人権侵害やハラスメントに関する違反件数01SBG
腐敗行為(汚職、贈収賄等)に関する違反件数00SBG
労働問題(長時間労働、不当解雇等)に関する違反件数00SBG
セキュリティに関する違反件数00SBG
業務怠慢に関する違反件数00SBG
  • コンプライアンス違反に伴う罰金は0円でした

情報セキュリティ

 FY19FY20バウンダリ
ネットワーク重大事故発生件数00SBG

報告対象範囲(バウンダリ)
SBG:ソフトバンクグループ株式会社
SBKK:ソフトバンク株式会社
国内主要子会社①:ソフトバンク株式会社、PayPay株式会社、株式会社サイバー大学、福岡ソフトバンクホークス株式会社、SBエナジー株式会社、ソフトバンクロボティクス株式会社
国内主要子会社②:ソフトバンク株式会社、PayPay株式会社、株式会社サイバー大学、福岡ソフトバンクホークス株式会社、SBエナジー株式会社
国内主要子会社③:ソフトバンク株式会社、PayPay株式会社、株式会社サイバー大学、SBエナジー株式会社、ソフトバンクロボティクス株式会社
国内主要子会社④:ソフトバンク株式会社、PayPay株式会社、株式会社サイバー大学、SBエナジー株式会社
国内主要子会社⑤:ソフトバンク株式会社、株式会社サイバー大学、福岡ソフトバンクホークス株式会社、SBエナジー株式会社

2020年度における各会議の開催状況

  • 2020年4月1日~2021年3月31日の開催状況を記載しています。

  • 期中の就退任および2022年1月現在既に退任している方については注釈で記載しています。

取締役会

氏名(社外取締役、監査役のみ)出席回数/開催回数※1(出席率)
飯島 彰己14回/14回(100%)
松尾 豊14回/14回(100%)
リップブー・タン※28回/8回(100%)
川本 裕子※2※38回/8回(100%)
遠山 篤14回/14回(100%)
宇野 総一郎14回/14回(100%)
窪川 秀一※412回/14回(86%)
  1. 書面決議による取締役会の回数を除く

  2. 2020年6月25日就任

  3. 2021年6月22日退任

  4. 2021年6月23日退任

監査役会

氏名(社外監査役のみ)出席回数/開催回数(出席率)
遠山 篤13回/13回(100%)
宇野 総一郎13回/13回(100%)
窪川 秀一13回/13回(100%)
  • 2021年6月23日退任

指名報酬委員会

氏名出席回数/開催回数(出席率)
飯島 彰己1回/1回(100%)
松尾 豊1回/1回(100%)
孫 正義1回/1回(100%)

投融資委員会

氏名出席回数/開催回数(出席率)
孫 正義83回/84回(99%)
後藤 芳光※148回/48回(100%)
ラジーブ・ミスラ81回/84回(96%)
佐護 勝紀※280回/84回(95%)
ロナルド・フィッシャー※384回/84回(100%)
マルセロ・クラウレ※483回/84回(99%)
  1. 2020年6月25日就任

  2. 2021年3月31日退任

  3. 2021年6月23日退任

  4. 2022年1月27日退任

ブランド委員会

氏名出席回数/開催回数(出席率)
後藤 芳光20回/20回(100%)
君和田 和子20回/20回(100%)
大賀 夏子20回/20回(100%)
抜井 武暁20回/20回(100%)
飯田 達矢20回/20回(100%)

グループ・リスク・コンプライアンス委員会

氏名出席回数/開催回数(出席率)
ティム・マキ※11回/1回(100%)
後藤 芳光4回/4回(100%)
君和田 和子4回/4回(100%)
ロバート・タウンゼンド※23回/3回(100%)
佐護 勝紀※33回/4回(75%)
  1. 2020年12月1日就任

  2. 2020年12月1日退任

  3. 2021年3月31日退任

サステナビリティ委員会

氏名出席回数/開催回数(出席率)
後藤 芳光2回/2回(100%)
君和田 和子2回/2回(100%)
ティム・マキ※11回/1回(100%)
飯田 達矢※22回/2回(100%)
ロバート・タウンゼンド※31回/1回(100%)
ゲーリー・ギンズバーグ※41回/1回(100%)
  1. 2020年12月1日就任

  2. 2022年6月24日退任

  3. 2020年12月1日退任

  4. 2020年11月30日退任

※ 本ページ内で表中に特段の断りがない場合、開示データはソフトバンクグループ株式会社を対象範囲とする。