パンくず

事業セグメント

通信事業会社から戦略的持株会社へ

ソフトバンクグループは、「情報革命で人々を幸せに」という経営理念の下、世界の人々が最も必要とするテクノロジーやサービスを提供する企業グループとなることを目指すとともに、企業価値の最大化を図っています。 現在、人工知能(AI)がさまざまなビジネスモデルに組み込まれることにより、多くの産業が根本から再定義されようとしています。AIの活用による市場の拡大と新産業の創出という大きなチャンスを確実にとらえるため、 ソフトバンクグループは「群戦略」という独自の組織戦略に取り組むとともに、2017年に設立した「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を中心に投資活動を拡大し、情報・テクノロジー分野において多様な事業を展開する企業グループを構築しています。

基軸とする事業は「持株会社投資事業」、「SVF1等SBIAの運営するファンド事業」、「ソフトバンク事業」および「アーム事業」です。