パンくず

サステナビリティ

環境への取り組み

地球環境への負荷軽減と持続可能な発展の融合を目指し、自然エネルギーの普及促進をすすめるとともに、自然エネルギーに関する政策提言や環境教育プログラムの提供を行っています。

安心・安全な自然エネルギーの普及・拡大のために

安心・安全な自然エネルギーの普及・拡大のために安心・安全な自然エネルギーの普及・拡大のために

SBエナジー株式会社は、自然エネルギーとテクノロジーの融合による便利で快適な社会の実現に向け、安心・安全かつ永続的に供給可能なエネルギープラットフォームを構築する事業に取り組んでいます。2011年の創業以来取り組む自然エネルギー発電事業では、日本全国でメガソーラー41基、風力発電所2基を運転しているほか、海外ではモンゴル・ゴビ砂漠で風力発電所1基を運転しています。また、地域貢献活動として、2012年より延べ2,500人以上の子どもたちに、主体的かつ創造的にエネルギーを考えるための体験型環境教育プログラムを開催しています。また、発電事業に加え、送電網の有効活用に向けたVPP(バーチャル・パワー・プラント)の実証事業や、自然エネルギーと親和性の高い事業を行うスタートアップ企業への投資に取り組んでいます。

  • 風力発電所「ウインドファーム浜田」

    風力発電所「ウインドファーム浜田」を島根県浜田市金城町および弥栄町に設置しています。

  • 体験型環境教育プログラム

    地域貢献活動として、2012年より延べ2,500人以上の子どもたちに、主体的かつ創造的にエネルギーを考えるための体験型環境教育プログラムを開催しています。

再生可能エネルギーの普及・拡大に取り組む

再生可能エネルギーの普及・拡大に取り組む

東日本大震災による被害や東京電力福島第一原子力発電所の事故をきっかけに、エネルギー需要や節電対策などへの関心が高まり、東日本のみならず日本全体の国⺠生活に大きな影響を与えました。当社では、エネルギー問題を日本全体の課題と捉え、安心・安全な自然エネルギーの普及・拡大を図ることが解決策の一つであると考えています。

そこで2011年7月、全国の道府県で構成する「自然エネルギー協議会」と、政令指定都市で構成する「指定都市自然エネルギー協議会」を自治体と共に設立し、両協議会の事務局として活動を開始しました。協議会では全国34道府県、19都市の自治体と共に、自然エネルギーの普及促進に向けて、政策提言や情報共有を行っています。