パンくず

サステナビリティ

ガバナンス

「自由・ 公正・革新」を基本思想に掲げ、「情報革命で人々を幸せに」という経営理念の下、世界の人々が最も必要とするテクノロジーやサービスを提供する企業グループとなることを目指すとともに、企業価値の最大化を図っています。
このビジョンを実現するために、基本思想や理念の共有を図る「ソフトバンクグループ憲章」およびグループ会社に対する管理方針・管理体制などを規定する「ソフトバンクグループグループ会社管理規程」を定めるとともに、当社およびその取締役・使用人が順守すべき指針である「ソフトバンクグループ行動規範」を定め、ガバナンスを強化しています。また、当社がCSR活動を適切に実施するにあたり必要な事項を規定する「ソフトバンクグループCSR基本方針」を定め、事業を通して社会へ積極的な貢献を行うことで、顧客、株主、従業員、取引先、社会とともに発展を遂げる企業を目指しています。
  • コーポレート・ガバナンス

    コーポレート・ガバナンスと経営管理体制の強化・実施に努めています。

  • コンプライアンス

    役員・従業員が法令順守・社会的規範といった倫理観を持って行動します。

  • 情報セキュリティ

    ソフトバンクグループ全体でセキュリティレベル確保と管理体制構築に努めています。

  • リスクマネジメント

    リスクの予測と予防とともに、損失を最小限に抑えるための体制を構築しています。