プレスリリース 1996年

マルチメディアCD-ROM マンガCD-ROM倶楽部シリーズを創刊

1996年2月1日

ソフトバンク株式会社(本社:東京・中央区、社長:孫正義)とゲームバンク株式会社(本社:東京・中央区、社長:富加見 浩)は、株式会社四次元(本社:大阪・東淀川区、社長:秋田隆治)企画のマンガCD-ROM倶楽部シリーズを創刊します。第一弾として「雲にのる」本宮ひろ志、「紫電改のタカ」ちばてつやの2作品を2月20日、「佐武と市 捕物控 壱、弐」石ノ森章太郎を3月20日から全国の書店を通じて発売します。価格は1冊2,900円(本体2,816円)で初年度各2万冊の販売を見込んでいます。今後、毎月2タイトル、初年度20タイトルをリリースする予定にしています。

このマンガCD-ROM倶楽部シリーズは、出版されたマンガを出来るだけオリジナルに忠実に再現するために、漫画家より原画の提供を受け、それを忠実に複写します。あたかも「本をめくる」感覚でストレスなく次画面に移る事が出来るのも本シリーズの特長です。さらに「拡大モード」を設け、絵や文字を拡大して見ることが出来ます。また、マルチメディアらしい内容として、ページに合わせた効果音の導入、作家のメッセージを映像で再現、さらに登場キャラクター相関図や世界観等のデータベースも、インタラクティブにどのページからも瞬時に呼び出せる機能を持たせました。

そして、このマンガCD-ROMシリーズは、Windows95、Windows3.1、Macintosh漢字Talk7以上のOS上で動作するので、現在発売されているほとんどのパソコンで動作させることが可能です。またWindows95の特長の一つであるオートラン(CD-ROMを挿入するだけで自動的にプログラムが起動する)機能にも対応しているので、初めて使われる方でも簡単にマンガを楽しんでいただけます。

背景

ご存知のように、CD−ROMはメディアとして大容量でありながら、コンパクトで場所を取りません。また半永久的に劣化せず、日本では文化と言っても過言ではないマンガを保存するには最適です。我々はこれらの特長を最大限に生かし、作品によっては数十巻におよぶマンガを数枚のCD−ROMに凝縮しようと作業しております。

製品概要

Vol.1「雲にのる」 本宮 ひろ志
「雲にのる」は昭和63年にコミックモーニングに連載される。物語は、飛行機事故により仁王に育てられた人間の子「仁王丸」が生き別れた双子の妹「マーヤ」を捜して、恐ろしい神々のいる天上界を目指す。しかしそこには仏の大きな意志が働いていた・・・・。作家の本宮 ひろ志は昭和40年、日の丸文庫から「遠い影」でデビューする。昭和43年に「男一匹ガキ大将」の連載を開始。同作品が大ヒットし、漫画家としての確固たる地位を築く。その後昭和48年より、プレイボーイに「春雷」を連載、青年誌に進出する。昭和50年より同誌に「俺の空」を連載。再び人気沸騰する。現在はヤングジャンプに「サラリーマン金太郎」、オールマンに「新・男樹」を連載中。どの作品にも、強烈な個性と生き様を待った男たちが描かれているのが特長。他に代表作として、「大ぼら一代」「硬派銀次郎」「さわやか万次郎」「ドン(極道 水許伝)」「夢幻の如く」「天地を喰らう」「大と大」「大いなる完」「猛こ黄金の国」等がある。
Vol.2「紫電改のタカ」 ちば てつや
「紫電改のタカ」は昭和38年より少年マガジンに連載される。反戦的表現がされた戦記ヒーロー作品で、第二次大戦末期「紫電改」と言う傑作戦闘機に乗る心やさしい若者が、戦争を否定しながら、最後は特攻隊として散るストーリー。ちば てつやは、昭和31年、貸し本向け単行本「復讐のせむし男」でデビュー。しばらく少女漫画誌を中心に作品を発表するが、やがて少年画誌に舞台を移した。代表作品の一つ、「あしたのジョー」は昭和43年、少年マガジンより連載開始。同作品は大ヒットし、その後5年4ヶ月にわたり超ロングラン作品となった。他には、「ちかいの魔球」「ハリスの旋風」「おれは鉄平」「あした天気になあれ」「のたり松太郎」等が代表作品で、著名な作品はスポーツ、学園ものが多い。
Vol.3「佐武と市 捕物控(壱)」 石ノ森 章太郎
Vol.4「佐武と市 捕物控(弐)」 石ノ森 章太郎
昭和41年、原形となる「縄と石 捕物控」でスタートし、翌42年少年サンデーで「佐武と市 捕物控」が連載開始される。これは「少年版」とも言える作品で、現在の形には昭和43年「ビッグコミック」に舞台を移してから確立された。作家としてのデビューは、高校在学中に「漫画少年」に連載が決定してからであるが、本人はジャーナリストが第一希望で、漫画を一生の仕事として決断するのは、大ヒット作「怪傑ハリマオ」を描き終えた後である。「マンガ日本経済入門」「マンガ日本の歴史」等で漫画の新分野を切り開く一方、「サイボーグ009」「仮面ライダー」「キカイダー」「ゴレンジャー」「イナズマン」などのSF作品を次々とヒットさせた。 現在は「HOTEL」がTVドラマ化され、話題を呼んでいる。執筆の他に、後継者の育成と日本漫画界の第一人者としての様々な活動で、多忙を極めている。

動作環境

Windows95、Windows3.1

i486DX2 33MHz以上のCPU(Pentium対応)
2倍速以上のCD−ROMドライブ
12MByte以上のメモリー
640×480 カラー256色以上の解像度
Windows95ではオートラン対応

Macintosh

680LC40 25MHz以上(LC475以降)(PowerPC対応)
8MByte以上の空きメモリー
2倍速以上のCD−ROMドライブ
640×480 カラー256色以上の解像度(13インチカラー以上)
漢字Talk7以降

定価

2,900円(本体2,816円)

販売

全国の書店及び、パソコン販売店の書籍売り場

ゲームバンク株式会社の概要

社名 ゲームバンク株式会社
所在地 東京都中央区日本橋浜町3丁目42番3号
設立 1995年8月
社長 富加見 浩
資本金 4億5,000万円
出資比率
  • ソフトバンク株式会社 60%
  • マイクロソフト株式会社 40%

株式会社四次元の概要

社名 株式会社四次元
所在地 大阪市東淀川区1−1−32新大阪アーズビル5F
設立 1993年7月
代表取締役 秋田 隆治
資本金 1,000万円

製品に関するお問い合わせ先

ゲームバンク株式会社

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。