プレスリリース 2005年

1.7GHz帯W-CDMA実験局本免許の取得について

2005年5月30日

ソフトバンクグループにおいて携帯電話事業を展開するBBモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表:孫 正義、以下 BBモバイル)は、本日、総務省より、1.7GHz帯W-CDMA実験局本免許を取得、同方式による実証実験を開始いたしました。

また、BBモバイルが4月から実験を実施しております埼玉地区において、国内の通信事業者としては、1.7GHz帯で初めてHSDPAのフィールド環境下での下り14.4Mbpsという高速、大容量のデータ通信を確認いたしました。

今回の移動体における高速データ通信の成功は、ソフトバンクグループが目指す「ユビキタス社会の実現」に向けた大きな前進となります。

BBモバイルは、携帯電話事業を通じて、お客様により多くの場所で革新的な通信サービスを提供することで、社会への貢献をしていきたいと考えております。

[注]
  • *HSDPA:High Speed Downlink Packet Access。3.5Gとして研究が進められている通信方式

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。