プレスリリース 2015年

ソフトバンク、10億米ドルを
韓国で最大規模のEコマースサイト「クーパン」へ出資

2015年6月3日
ソフトバンク株式会社
Forward Ventures, LLC

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)と韓国で最大規模のEコマースサイト「クーパン」を運営するForward Ventures, LLC(以下「クーパン」)は、ソフトバンクの子会社がクーパンに対し10億米ドル(約1,240億円)の出資を行うことを合意しました。本取引は、7月上旬に完了する見込みです。クーパンはこの資金調達により、注文から入金に至るまでのサービス、同日配送ネットワーク、先進的なモバイルアプリケーションの革新を促進させ、これらの取り組みをさらに強化していきます。また、同社は今後、シリコンバレー、シアトル、上海、ソウルにある事業拠点の研究開発機能を拡大していく予定です。

モバイルを最大限活用し最先端の配送サービスを提供するクーパンは、世界で最も革新的なEコマース事業者のひとつです。同社のモバイルアプリケーションは2,500万以上のダウンロード数の実績があり、韓国内で最大規模のアクティブユーザーを誇ります。現在、全売上高の75%とアクセス総数の85%がモバイルユーザーの利用分で占められており、モバイルコマース事業者としても先進的な会社です。

ソフトバンク 代表取締役社長の孫 正義は、以下のように述べています。
「ソフトバンクは、『情報革命で人々を幸せに』という理念を共有している世界中のインターネット企業と革新的な起業家を支援することで成長を目指しています。ソフトバンクは、クーパンがEコマースの革新をさらに進めていけるようにサポートできることを心からうれしく思います」

クーパンの創業者でCEOのボム・キムは、以下のように述べています。
「ソフトバンクが長期的なパートナーとなり、同社の持つグローバルな知見と幅広い事業ネットワークが当社のさらなる成長を促進してくれるだろうとうれしく思います。世界的規模でIT業界への投資を行う同社からの出資は、当社にとっても重要な節目となります。財務体質の強化や事業展開への柔軟性を確保してくれるものであり、お客様へ直接お届けするオンラインショッピングとはどうあるべきかについて再定義できる良い機会になると思います」

ソフトバンク バイスチェアマンのニケシュ・アローラは、以下のように述べています。
「クーパンは、世界のインターネット企業の中でも非常に成長が著しく、かつ革新的な企業のうちの一つです。同社は、先端テクノロジーを活用して世界中で展開するEコマース事業における同日配送、モバイルコマース、カスタマーサービスはどうあるべきかという観点において、新しい業界基準を確立することになるでしょう。ボム・キム氏とその優秀なチームの皆さんと連携できること、また、これからの同社のさらなる成長を楽しみにしています」

クーパンが自社で所有する配送インフラにより提供される業界屈指の配送サービスにより、同社は急速に事業成長を続けています。競合他社にはない品ぞろえと、韓国でも最大級の受注・入金オペレーションシステム、またお客さまのご自宅まで直接商品を届けるクーパン・マンと呼ばれる宅配チームにより、直近の6カ月間で個別配送売上が3倍以上に達する業績を上げています。

[注]
  • 1米ドル=124円で換算した場合。

クーパン(Forward Ventures, LLC)について

ボム・キム氏により2010年に創業されました。ソウルの他にシリコンバレー、シアトル、上海に拠点を持っています。ソフトバンク以外には、Greenoaks Capital Management、Rose Park Advisors、BlackRock、Wellington Management Company、Sequoia Capital Global Equities、Sequoia Heritage、Maverick Capital、Altos Venturesなどから出資を受けています。
ホームページはこちらをご参照ください。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。