プレスリリース 2019年

SoftBank Group Internationalおよび
ラテンアメリカに特化したファンドの
シニア・マネジメント・チームについて

2019年6月7日
ソフトバンクグループ株式会社

ソフトバンクグループ株式会社(以下「SBG」)は、SoftBank Group International(以下「SBGI」)およびソフトバンク・ラテンアメリカ・ファンド(仮称、以下「ラテンアメリカ・ファンド」)のシニア・マネジメント・チームについてお知らせします。SBGIは、アームやスプリント、ボストン・ダイナミクス、フォートレス、SB Energy、ブライトスターなど、ほぼ全てのSBGポートフォリオカンパニーに関わっています。ラテンアメリカ・ファンドは、2019年3月に始動した、急成長するラテンアメリカ市場に特化した最大のテクノロジーファンドです。また、SBGIは、マイアミを拠点にソフトバンク・テックハブ(仮称、以下「テックハブ」)を組成し、ソフトバンクポートフォリオ企業のラテンアメリカ進出および事業における地域展開をサポートします。

下記のシニア・マネジメント・チームの新メンバーは、マイアミを拠点とします。SBG 取締役副社長 COO、SBGI CEOであるマルセロ・クラウレが、このチームを統括します。

クリス・クーパー(Chris Cooper)は、SBGIのChief Financial Officerに就任します。クーパーは、30年以上にわたって財務・M&A・ファンドなどに関わり、国際経験も豊富な、財務におけるシニアエグゼクティブです。直近では、セコイア・キャピタルでGlobal Chief Financial OfficerおよびChief Compliance Officerを務め、同社の財務戦略や複数の資金調達を手がけるなど、事業の拡大をリードしてきました。

パトリシア・メネンデス・カンボ(Patricia Menendez Cambo)は、SBGIのDeputy General Counsel、ラテンアメリカ・ファンドとテックハブのGeneral Counselに就任します。カンボはGreenberg Traurig, LLPに25年間在籍し、直近ではVice Chairのほか、Chair of the Global PracticeおよびExecutive Committeeのメンバーを務め、Latin American and Iberian practicesの創設にも携わりました。

フランシスコ・ソレンティーノ(Francisco Sorrentino)は、SBGIとラテンアメリカ・ファンドのChief Human Resources Officerに就任します。ソレンティーノはマイクロソフトのラテンアメリカおよびカリブ地域におけるVice Presidentを務めたほか、LATAMとHR Global Executive teamのメンバーとして、2,700人の従業員を擁するこの地域の18カ国35オフィスにおいて、マイクロソフトのすべてのオペレーションをサポートしてきました。

リー・バッカー(Lee Bocker)は、ラテンアメリカ・ファンドのChief Operating Officerに就任します。バッカーは、新興成長市場の資産管理を行うTRG Management L.P.に15年以上在籍し、直近では、Chief Operating Officer、PartnerおよびExecutive Committeeのメンバーを務めました。また、同社在籍中はさまざまな役割を務め、グローバル展開に携わってきました。

マルセロ・クラウレは次のように述べています。
「各領域で素晴らしい実績のある、クリス、パトリシア、フランシスコ、リーをチームに迎えることができて非常にうれしく思います。それぞれが長年グローバル企業で培ってきた経験は、投資のプロフェッショナルで構成されるわれわれの有能なグループを、より良いものにするでしょう。ラテンアメリカで大きなイノベーションと変革をもたらそうとしている革新的な企業への投資による、ラテンアメリカ地域展開の促進や、グローバルなポートフォリオ企業のサポートにおいて、これほどふさわしいワールドクラスのマネジメントチームはないと確信しています」

[注]
  • これまで「ソフトバンク・イノベーション・ファンド」を本ファンドの仮称としていました。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。