プレスリリース 1995年

ソフトウェアメーカーへの融資に対する14銀行との業務提携に関する件

1995年10月17日

当社は、我国におけるソフトベンチャー企業の一層の発展のため、下記の14銀行との間で業務提携を行いましたので、お知らせいたします。

提携の目的

パソコンソフト業界は、今後の大きな成長分野の一つでありますが、ソフトウェアメーカーの多くは、技術力はあるもののそれを商品化するための開発資金調達が一つの課題となっております。銀行から開発資金の融資を受ける際、従来銀行が要求してきた不動産や株券などの担保を所有しているソフトウェアメーカーは少なく、技術力や商品力だけで銀行への十分な融資に向けての説得材料を提供することは容易ではありませんでした。

他方、銀行としては、今後優良な融資先となるようなこの分野での成長企業には融資を行いたいという希望はあるものの、パソコンソフト業界特有な商品の市場性や専門技術力などを評価し、融資額を算定することは困難でありました。

そこで当社は、業界発展の一助となるべく、以下の当社取引銀行を中心とする14銀行と、その融資の判断材料の一つを提供することで提携いたしました。

業務提携先(50音順)

  • ケミカル・バンク
  • 株式会社さくら銀行
  • 株式会社住友銀行
  • 株式会社第一勧業銀行
  • 株式会社大和銀行
  • 株式会社東海銀行
  • 株式会社東京銀行
  • 東洋信託銀行株式会社
  • 株式会社日本興業銀行
  • 株式会社日本長期信用銀行
  • 株式会社富士銀行
  • 三井信託銀行株式会社
  • 株式会社三菱銀行
  • 三菱信託銀行株式会社

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。