プレスリリース 1998年

米国モーニングスター社との合弁会社設立に関する件

1998年1月27日

ソフトバンク株式会社(本社:東京都中央区、代表者:孫正義社長)と、米国の投資信託格付け情報サービス最大手Morningstar社(本社:シカゴ、代表者:ジョセフ・マンスエート会長)は、日本における合弁会社「モーニングスター株式会社(仮称)」を設立することに関して基本的な合意に致りました。

米国Morningstar社は、1984年に設立、従業員約350人を抱える当該分野では世界最大の会社であり、8,000を超す投資信託をカバーする情報データベースをもとに作成されたMorningstar PrincipiaやMorningstar Investorなどの主力製品は、米国では当該分野のデファクトスタンダードとされております。新会社の設立によって同様の製品・サービスが日本の金融商品を含めて日本語で提供されることになります。

新会社は、銀行窓口での投資信託販売解禁や外国為替の自由化など日本国内における金融ビッグバンが進展していく中で、一段と注目の集まる投資信託の分野を中心に情報サービス事業の包括的な展開を目指しております。今後は社団法人証券投資信託協会より国内投資信託に関するデータ提供の承認手続きを経た上で、米国Morningstar社と同様な中立的立場から、国内投資信託も含めた格付け情報などの投資情報や各種分析ツールなどを、出版媒体・ソフトウエア・インターネット等の複合メディアを通じて金融機関・個人投資家・情報サービス事業者などに提供していくことを主な事業とする予定であります。特にインターネットを通じた情報提供ではソフトバンクグループのヤフー、ジオシティーズを積極的に活用して参ります。

ご参考

新会社の概要

1.会社名 モーニングスター株式会社(仮称)
2.所在地 東京都中央区日本橋箱崎町24-1
3.事業内容 国内・海外の投資信託を中心とした投資情報サービスおよび関連出版物・ソフトウエア等の販売
4.資本金 約4億円
5.出資比率
  • ソフトバンクグループ55%
  • 米国Morningstar社45%

米国モーニングスター社の概要

1.会社名 Morningstar Inc.
2.設立年・所在地 1984年、米国イリノイ州シカゴ
3.事業内容 投資信託の格付け情報を中心とする投資情報サービスおよび投資ポートフォリオ分析用ソフトウエアツール等の販売、カスタムデータベースサービス他
4.代表者 ジョセフ・マンスエート(Joseph Mansueto)会長
5.従業員数 約350人
6.主な製品・サービス
  • Morningstar Mutual Funds
  • Morningstar Investor(印刷媒体の投資分析情報誌)
  • Morningstar Principia
  • Morningstar StockTools (投資分析用ソフトウエアツール)
  • 投資信託等に関する個別顧客向けカスタムデータベース情報サービス
  • その他インターネットでの最新マーケット情報・各種投資情報の提供など
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。