プレスリリース 2005年

ケーブル・アンド・ワイヤレスIDCの買収完了について

2005年2月17日

当社は、2005年2月17日付でケーブル・アンド・ワイヤレスIDC株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:フィリップ・グリーン、以下C&W IDC)の発行済普通株式12,086,632,927株(99.99%)を取得し、買収を完了しましたことをご報告いたします。

本株式の取得により、C&W IDCは当社の特定子会社となります。また、同社は2005年3月期末みなし取得日をもって当社の連結子会社となります。

ご参考

(1) 本買収の概要

買収方法 C&W IDCの発行済普通株式12,086,632,927株(99.99%)を取得*1
取得価額 約123億円
売主
  • セーブル・ホールディング・リミテッド
    (ケーブル・アンド・ワイヤレスplc の100%子会社、以下セーブル)
  • ケーブル・アンド・ワイヤレス・アスパック・ビー・ブイ
    (セーブルの100%子会社、以下アスパック)
[注]
  • *12005年1月に、C&W IDCは新株予約権付社債をセーブルに対して発行しており、セーブルはC&W IDCに対して有していた貸付金の全額(約483億円)を、新株予約権付社債の払込金に充当しました。その後セーブルは、当該新株予約権付社債をC&W IDCの普通株式に転換しております。当社は、セーブルが所有するC&W IDCの発行済普通株式12,085,932,888株とアスパックが所有する700,039株を共に全数取得いたしました。

(2) C&W IDCの業績(2004年3月期)

売上高 713億円
営業利益 △71億円
経常利益 △76億円
当期利益 △66億円
資本金 362億円*2
[注]
  • *2貸付金が払込金に充当される形で新株予約権付社債が発行され、当該新株予約権付社債が株式に転換されたため、買収完了時には、資本金が約241億円、資本準備金が約241億円それぞれ増加しております。

(3)新社名・および役員人事について

今回の買収の完了に伴い、C&W IDCの社名は新しく日本テレコムIDC株式会社(英語名:JAPAN TELECOM IDC INC.、以下日本テレコムIDC)となり、同社の代表取締役社長として新しく笠井 和彦が就任いたします。

新社名は、国内を中心として大規模かつ信頼性のある通信インフラと法人サービスを提供する日本テレコム株式会社と、国際通信自由化の先陣を切って早期に設立された C&W IDCが、当社グループが総合通信事業を拡大していく上で、シナジー創出を目指し、日本テレコムIDCとしました。

1.新社名(新商号) 日本テレコムIDC株式会社(英語名:JAPAN TELECOM IDC INC.)
2.社名変更日 2005年2月17日
3.本社所在地 東京都港区台場2-3-1トレードピアお台場
4.役員(取締役)人事
(2月17日付)
代表取締役社長 笠井 和彦
取締役 上ノ堀 眞守
取締役 真藤 豊
取締役 宮内 謙
取締役 富村 隆一

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。