プレスリリース 2006年

大阪芸術大学での「ブロードバンド講座」の開講について

2006年3月27日

学校法人塚本学院・大阪芸術大学(所在地:大阪市東住吉区、理事長:塚本 邦彦、以下 大阪芸術大学)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下 ソフトバンク)は、ブロードバンド時代の情報化社会に対応する人材育成を目的として、2006年4月から産学協同による「ブロードバンド講座」を開講します。

ブロードバンドが新しい通信インフラの一つとして認知されるとともに、情報産業分野 の技術の進歩、情報産業ビジネスの展開のスピードは益々加速しており、こうした時代の流れを背景に大学教育においても情報化社会に通用する人材育成の需要が高まっております。このたび、大阪芸術大学のブロードバンド時代の情報化社会に対応する人材教育の需要と、ブロードバンド・ビジネスの講義を通じて次世代を担う人材育成に貢献したいというソフトバンクの思いが一致し、産学協同でのブロードバンド講座の開講が実現することになりました。

本講座では、情報産業の最先端を行くブロードバンド・ビジネスとそれらを取り巻く状況と全体像の理解をテーマに、大阪芸術大学・放送学科の学生を対象に年間を通じて24回の講義を行います。講師は、各講義のテーマや内容に応じてソフトバンクグループで実際に働く社員を派遣し、ブロードバンド・ビジネスについて現場の生の声を通して講義を行います。また、講義の一環として、本講義を受講する放送学科の学生自身の手で映像編集を行い、大阪芸術大学、ソフトバンクのホームページより、それぞれ講義をオンデマンド配信します。なお、年間を通じて一つの企業グループから、複数名の社会人講師を派遣して行う学部生向けの講座は、大阪芸術大学、ソフトバンクともに初の試みとなります。

講座の概要詳細は以下の通りです。

講義概要

講座名 放送学科・放送特講D「ブロードバンド講座」
目的 ブロードバンド時代の情報化社会に対応する人材育成を目的として、情報産業の最先端を行くブロードバンド・ビジネスとそれらを取り巻く状況と全体像の理解をテーマとし、年間を通じて講義を行う
対象 大阪芸術大学・放送学科(3年生)
講義内容
(予定)
前・後期 各12回ずつ
第1回目、第2回目
インターネット・ブロードバンドの歴史、ネットワークの未来
第3回目、第4回目
ブロードバンド・コンテンツ・ビジネス(VOD、著作権など)
第5回目
インターネット、ブロードバンドを用いた放送事業
第6回目
出版とインターネット
第7回目
インターネットと広告
第8回目、第9回目
ジャーナリズムとインターネット
第10回目
ブロードバンド時代の様々なオンラインコンテンツ
第11回目、第12回目
オンラインゲームについて
第13回目、第14回目
インターネットによる情報発信と流通
第15回目
ダウンロード事業について
第16回目、第17回目
インターネットを利用した新サービス
第18回目、第19回目
インターネットポータル事業について
第20回目
インターネットにおけるセキュリティとプライバシー保護
第21回目
インターネットと政治
第22回目、第23回目
モバイルブロードバンドについて
第24回目
データセンター事業について

以上

学校法人および会社概要

学校法人塚本学院 大阪芸術大学 http://www.osaka-geidai.ac.jp/

社名 学校法人塚本学院 大阪芸術大学
所在地 大阪府南河内郡河南町東山469
代表者 理事長・学長 塚本 邦彦
設立日 1964年1月25日

ソフトバンク株式会社 http://www.softbank.co.jp/

社名 ソフトバンク株式会社
所在地 東京都港区東新橋1-9-1
代表者 代表取締役社長 孫 正義
設立日 1981年月9月3日
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。