プレスリリース 2018年

ESG投資の指標
「FTSE4Good Index Series」に12年連続、
「FTSE Blossom Japan Index」に2年連続で選定

2018年11月13日
ソフトバンクグループ株式会社

ソフトバンクグループ株式会社は、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資に関する世界的な指標である「FTSE4Good Index Series」の構成銘柄に、2007年から12年連続で選定されました。また、日本企業によるESG投資の遂行状況を評価する「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に、2年連続で選定されたことを併せてお知らせします。

「ESG投資」は、企業のESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みに着目する世界の投資家から、重要な判断基準とされています。ステークホルダーとの建設的な関係構築や、環境保全に向けての積極的な取り組み、サプライチェーンにおけるリスク管理、行政機関などとの癒着防止をはじめとする取り組みなどが評価され、選定されました。弊社は今後も継続的にCSRの取り組みを推進し、社会的責任を果たすとともに、企業価値の向上を目指していきます。

「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」は、株式や債券などのインデックスの開発・管理などの投資判断ツールを世界規模で展開するFTSE Russellが開発したインデックスです。環境、社会、ガバナンスに関する多様な評価基準を満たした銘柄で構成されており、企業の社会的責任や持続可能性を重視する投資家の投資先選択基準となっています。

ソフトバンクグループのCSRの取り組みは、こちらをご参照ください。

  • FTSE Russellは、FTSE International LimitedとFrank Russell Companyの登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。