ニュース

プレスリリース

ヤフー株式の子会社への移管に関するお知らせ

ソフトバンクグループ株式会社

当社は、2017年6月1日、当社が直接保有するヤフー(株)(以下「ヤフー」)の全株式を当社100%子会社であるソフトバンクグループインターナショナル合同会社(以下「SBGI」)へ移管(以下「本移管」)しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 本移管の概要

2016年3月7日付「グループ内組織再編に関するお知らせ」、及び2017年1月25日付「当社子会社間の合併に関するお知らせ」に記載のとおり、当社は、保有する投資有価証券を当社100%子会社であるSBGIへ順次移管しています。この一環として、当社は、2017年6月1日、当社が直接保有するヤフーの全株式(同社発行済株式総数に占める比率:36.4%)を、SBGIに移管しました。なお、当社100%子会社であるSBBM(株)が保有するヤフーの株式(同社発行済株式総数に占める比率:6.6%)については、SBGIへ移管せず、同社が引き続き保有する予定です。

  • 2017年3月31日現在のヤフーの発行済株式総数5,695,577,600株を基に算出しています(小数点以下第2位を四捨五入)。以下ヤフーの株式の保有比率の計算において同じです。

2. ヤフーの概要

(1)名称ヤフー株式会社
(2)所在地東京都千代田区紀尾井町1-3
(3)代表者の役職・氏名代表取締役社長 宮坂 学
(4)事業内容
  • インターネット上の広告事業
  • イーコマース事業
  • 会員サービス事業
  • その他事業
(5)資本金8,428百万円(2017年3月末現在)
(6)設立年月日1996年1月31日
(7)大株主及び持株比率
(2017年3月末現在)
  • ソフトバンクグループ(株) 36.4%
  • YAHOO INC. 35.6%
  • SBBM(株) 6.6%
(8)当社との関係資本関係当社は同社株式の43.0%(間接保有を含む。2017年3月末現在)を保有しています。
人的関係当社の代表取締役社長である孫 正義、代表取締役副社長である宮内 謙、常務執行役員である藤原 和彦の3名が同社の取締役を務めています。
取引関係当社の子会社であるソフトバンク(株)と同社との間で、広告出稿に関する取引、通信サービス利用に関する取引等を行っています。
(9)最近3年間の連結経営成績及び連結財政状態(IFRS)
 2015年3月期2016年3月期2017年3月期
売上高428,487652,327853,730
営業利益197,212224,997192,049
親会社の所有者に帰属する当期利益133,051171,617136,589
資本合計740,554912,764998,709
資産合計1,007,6021,342,7991,534,212
基本的1株当たり当期利益(円)23.3730.1523.99
1株当たり配当金(円)8.868.868.86

単位:百万円(ただし、基本的1株当たり当期利益及び1株当たり配当金を除く)。百万円未満切捨て

3. SBGIの概要

(1)名称ソフトバンクグループインターナショナル合同会社
(2)所在地東京都港区東新橋一丁目9番1号
(3)代表者の役職・氏名職務執行者(会長) 孫 正義
職務執行者(社長) 宮内 謙
(4)事業内容中間持ち株会社
(5)資本金22百万円(2017年3月末現在)
(6)設立年月日2001年1月26日
(7)純資産407,950百万円(2017年3月末現在)
(8)総資産1,244,952百万円(2017年3月末現在)
(9)持分所有者及び持分比率ソフトバンクグループ株式会社 100%
(10)当社との関係資本関係同社持分の100%を当社が保有しています。
人的関係当社の代表取締役社長である孫 正義、及び代表取締役副社長である宮内 謙が同社の職務執行者を兼務しています。
取引関係該当事項はありません。

4. 当社の連結業績に与える影響

当社連結決算において、本移管による売買損益は発生しません。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承下さい。

  • Twitter
  • LinkedIn
  • LINE