ニュース

プレスリリース

当社個別決算における関係会社株式評価損(特別損失)の計上に関するお知らせ

ソフトバンクグループ株式会社

当社は、2020年3月期の個別決算(日本基準)において、関係会社株式評価損670,470百万円を特別損失に計上しましたので、下記の通りお知らせいたします。

1. 関係会社株式評価損の内容

当社は、2020年3月期の個別決算(日本基準)において、保有する複数の関係会社株式について減損処理を行った結果、関係会社株式評価損670,470百万円を特別損失に計上しました。主に、コワーキングスペースサービス「WeWork」を手がけるThe We Company(以下「WeWork」)へ投資を行うSB WW Holdings (Cayman) Limited (以下「SB WW」)株式について537,010百万円の損失を、通信衛星ベンチャーのOneWeb Global Limited(以下「OneWeb」)株式 について57,726百万円の損失をそれぞれ計上しました。

なお、当社は、2019年11月6日付「当社個別決算における関係会社株式評価損(特別損失)の計上に関するお知らせ」にて、2020年3月期の個別決算において、SB WWに係る関係会社株式評価損497,700百万円を計上する見込みと公表していました。

2. 連結業績に与える影響

WeWorkに対しては、SB WWが投資を行っているほか、ソフトバンク・ビジョン・ファンドが同社および同社の関係会社3社に投資を行っています。また、OneWebに対しては、当社は株式投資や貸付などの投融資を行っています。これらに係る連結決算における損失については、本日当社が開示した「2020年3月期 決算短信」をご覧ください。

以 上
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承下さい。

  • Twitter
  • LinkedIn
  • LINE