ニュース

プレスリリース

国内ハイブリッド社債(利払繰延条項付)の条件決定に関するお知らせ

ソフトバンクグループ株式会社

当社は本日、2021年1月6日付「国内ハイブリッド社債(利払繰延条項付)の発行に関するお知らせ」にてお知らせした、主に機関投資家を対象とした国内ハイブリッド社債(利払繰延条項付)(以下「本ハイブリッド社債」)について、発行条件を決定しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

第4回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)(主に機関投資家向け)

1.発行総額金1,770億円
2.各社債の金額金1億円
3.利率当初5年間は固定 年3.000%、
5年後以降は変動 
(1年日本国債金利+当初スプレッド※1+ステップアップ※2
4.年限35年
5.利払日毎年2月4日及び8月4日(初回利払日:2021年8月4日)
6.償還期限2056年2月4日
  期限前償還2026年2月4日及び以降の各利払日に、当社の裁量で期限前償還可能
7.払込期日2021年2月4日
8.募集の方法国内での一般募集
9.募集の対象主に機関投資家
10.引受会社野村證券株式会社
大和証券株式会社
みずほ証券株式会社
SMBC日興証券株式会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
11.取得格付BBB(株式会社日本格付研究所)
12.資金使途2021年9月に初回任意償還日を迎える国内ハイブリッド社債の期限前償還資金に充当する予定
  1. 5年後以降の利率算出時に適用される当初スプレッドは310.5bps。

  2. 5年後に25bps、20年後に5bps(累計30bps)、25年後に70bps(累計100bps)の金利のステップアップが発生。

本ハイブリッド社債は、会計上は有利子負債である一方で、利息の任意繰延、超長期の償還期限、一般債務に比した劣後性など、資本に類似した性質及び特徴を有するため、格付機関(株式会社日本格付研究所及びS&Pグローバル・レーティング・ジャパン株式会社)より、資本性の認定(資金調達額の50%)を受けています。
本ハイブリッド社債の期限前償還または買入消却の際には、当社の財務状況や格付への影響等を踏まえて当社が必要と判断する場合に、格付機関から同等の資本性が認定される商品により借り換えることを想定しています。

以 上

このお知らせは、本ハイブリッド社債の発行に関して一般に公表することを目的としており、一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的としておりません。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承下さい。

  • Twitter
  • LinkedIn
  • LINE