ニュース

プレスリリース

ソフトバンクグループ、25万人規模の新型コロナウイルスワクチン接種を実施

ソフトバンクグループ株式会社
ソフトバンクグループ、25万人規模の新型コロナウイルスワクチン接種を実施ソフトバンクグループ、25万人規模の新型コロナウイルスワクチン接種を実施

ソフトバンクグループは、2021年7月中に全国に15箇所の新型コロナウイルスワクチン接種会場を設置し、今後合計25万人以上を対象とした接種を目指します。15箇所の合計で最大1日1万人接種できる体制を構築し、グループ従業員などを対象とした職域接種で15万人規模、近隣住民の方々少なくとも10万人を対象としたワクチン接種を目指し、ワクチンの早期接種に貢献します。

最大規模の接種会場となる予定の福岡 PayPay ドーム(福岡市)においては、6月末頃よりグループ従業員や同居家族のほか、ソフトバンクホークスファンクラブ会員の皆さまや近隣住民の方を対象とした接種に向けて、国・⾃治体ほか関係機関と調整を⾏っています。2回目のワクチン接種から2週間経過した方には、福岡ソフトバンクホークス主催試合の観戦チケットを半額で提供する予定です。皆さまが安⼼して楽しめ、活気のある福岡 PayPay ドームでの試合観戦やコンサートなどの実現に向けて、取り組んでまいります。

ソフトバンクグループは、2021年6月15日よりWeWork乃木坂に医療従事者向け大規模ワクチン接種会場を設立しました。21日から従業員とその同居家族、ソフトバンクショップやコールセンターのスタッフを対象とした職域接種を開始し、今後竹芝本社、地方拠点にも接種会場を拡大していきます。さらに、7月以降、これらの会場も含めた全国15箇所にワクチン接種会場を設置し、近隣住民の方も対象とした一般向け接種を順次開始していきます。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承下さい。

  • Twitter
  • LinkedIn
  • LINE