ニュース

プレスリリース

ソフトバンクグループ、ドイツテレコムと長期戦略的パートナーシップおよびTモバイル株に関する株式交換に合意

(更新)
ソフトバンクグループ株式会社
  • 戦略的パートナーシップにより、ソフトバンクグループのポートフォリオ企業は、欧州と米国の顧客基盤約2億4000万人へのアクセスが可能となり、ドイツテレコムはARPU向上、解約率改善、JV参加へ

  • ソフトバンクグループはTモバイル株式約4500万株と引き換えに、新たに2億2500万株のドイツテレコム株式を取得。ドイツテレコムは、公表済みのTモバイル・ネザーランドの売却資金をもって、約2000万株のTモバイル株式の追加取得へ

  • 日本でソフトバンク41%を保有し、欧州ではドイツテレコム4.5%、米国ではTモバイルを3.3%※1保有へと通信事業エクスポージャーを多様化

  • ソフトバンクグループは、アップサイドのない固定価格オプション対象Tモバイル株式を主として、アップサイドを有するドイツテレコム株式と交換、4.5%の株式を保有する民間で第2位の株主となり※2、取締役会の議席取得も予定

  • ソフトバンクグループはTモバイルへのアップサイド・エクスポージャーを保持、Tモバイルが5Gをリードし、高い株式価値を生み出し続けることを期待

ソフトバンクグループ株式会社(以下「SBG」)は、Deutsche Telekom AG(以下「ドイツテレコム」)と戦略的パートナーシップおよび株式交換に合意したことをお知らせします。両社の戦略的パートナーシップの下、ソフトバンクグループの300社以上のポートフォリオ企業は、ヨーロッパおよびアメリカにおける約2億4000万人のドイツテレコムの顧客にもアクセス可能となり、速やかに低コストで事業拡大ができるようになります。またドイツテレコムは、ARPU向上、解約率改善、ジョイントベンチャー参加という恩恵を享受することになります。

本合意に基づき、ドイツテレコムは、2020年6月の契約において付与されたT-Mobile US, Inc.(以下「Tモバイル」)株式購入オプションの一部を行使します。ドイツテレコムは、授権資本から新規に2億2500万株をSBGに発行する対価として、SBGから約4500万株のTモバイル株式を取得し、さらには公表済みのTモバイル・ネザーランドの売却による資金24億米ドルを再投資し、SBGから約2000万株のTモバイル株式を追加取得することを見込んでいます。本取引の結果、当社はドイツテレコム株式の4.5%を保有する株主となり、Tモバイル株式を3.3%※1保有することになります。また、Tモバイルの株価が一定の条件に達した場合に取得可能となる株式を考慮すると保有割合は6.9%となります。

本取引により、SBGの通信事業エクスポージャーは日本、ヨーロッパ、アメリカに多様化され、保有割合はそれぞれソフトバンク株式会社41%、ドイツテレコム4.5%、Tモバイル3.3%※1となります。これにより、ソフトバンク株式会社の顧客約5500万人、ドイツテレコムの顧客約9500万人、Tモバイルの顧客約1億4000万人など、合計で3億人近い世界中の顧客にアクセスを有することになります。

財務的な観点では、SBGは、アップサイドのない固定価格オプション対象Tモバイル株式を主として、本取引の基準価格20ユーロを超え長期的に大きなアップサイドを見込めるドイツテレコム株式と交換します。SBGはドイツテレコムの民間で第2位の株主となり※2、取締役会の議席も確保する予定です。さらに、SBGは、変動価格オプションや、今後Tモバイルの株価が一定の条件に達した場合に取得可能となる株式を通じて、Tモバイル株式へのエクスポ―ジャーを維持していきます。SBGは、Tモバイルが継続して5G分野のリーダーシップを発揮することや、シナジーを通じて高い株式価値を継続的に生み出していくことを期待しています。

SBGは、ドイツテレコムおよびTモバイルの株式を、資金調達およびヘッジ目的のための担保として使用することができます。このような取引は、SBGにおいてドイツテレコムおよびTモバイルの株価に対する重要なエクスポージャーが保持されることから、長期的な戦略的パートナーシップに沿ったものになります。

SBG副社長執行役員COOおよびSoftBank Group InternationalのCEOであるマルセロ・クラウレは次のように述べています。
「これは、当社のポートフォリオ企業、SBG、ドイツテレコムにとってまさにwin-win-winと呼べる重要な取引です。長期戦略的パートナーシップにより、当社のポートフォリオ企業は、日本、ヨーロッパとアメリカにおける約3億人の顧客へのアクセスが可能となり、成長を加速させるための素晴らしい機会が生まれます。この取引により、当社の通信事業エクスポージャーは多様化し、SBGはドイツテレコムの民間で第2位株主となり※2、その一方で、高成長を続けるTモバイルへのエクスポージャーも維持します。また、ドイツテレコムにとって本取引は、Tモバイルの過半数株式取得という目標達成に向けた決定的な一歩となり、世界最大級のテクノロジー投資家であるSBGの参画により、同社のTelco 2030のビジョンが立証され、『Magenta Advantage』が明示されました。ティムや彼のチームと、将来にわたりパートナーシップを組むことを楽しみにしています」

ドイツテレコム最高経営責任者のティモテウス・ヘットゲス氏は、次のように述べています。
「SBGをドイツテレコムの新たな主要株主および戦略的パートナーとして迎えられることを大変うれしく思っています。そして、この提携から生まれる、SBGとドイツテレコム両社のための価値創造の機会に取り組むことを心待ちにしています」

本合意に関連して、ドイツテレコムの経営陣は、次回年次総会にてクラウレをドイツテレコムの監査委員に選任するというSBGからの提案を支持する予定です。本取引は、SBGの取締役会およびドイツテレコムの監査委員会の承認を得ており、ドイツテレコムの商業登記をもって完了し、有効となる見込みです。

Sullivan & Cromwellは、本取引において、SBGの法務アドバイザーを務めました。

  1. ドイツテレコムが、Tモバイル・ネザーランドの売却による資金24億米ドルを使用することで予定している、約2000万株のTモバイル株式購入オプションを行使した場合の影響を含みます。ドイツテレコムによる追加取得前のSBGのTモバイル株式保有割合は4.9%となります。

  2. 当初、ドイツテレコムの第2位株主になると記載しておりましたが、正確には民間で第2位株主のため、更新しました。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承下さい。

  • Twitter
  • LinkedIn
  • LINE